放蕩者の最後の恋 扶桑社ロマンス

コニー・メイスン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594073114
ISBN 10 : 4594073115
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
558p;16

内容詳細

放蕩者として名高い子爵のルーカスは、ベッドを共にした女性が自殺したことに責任を感じ、一年間の禁欲の誓いをたてて田舎での隠遁生活を決意する。コーンウォールの海辺に小さな家を借りて住み始めたルーカスだったが、付近では密輸団が暗躍しているとの噂が。ある日、彼は崖上に立つ黒髪の美女を見て、ひと目で魅了される。飛び込むつもりなのかと思わず声をかけたルーカスに対し、なぜか地主の娘だというブリスは警戒心をむき出にして…名手コニーが贈る官能たぎる興奮のリージェンシー!放蕩者シリーズ完結篇!

【著者紹介】
コニー メイスン : 歴史ロマンス小説を50作以上発表し、いずれもベストセラーとなる。歴史ロマンスの大家的存在。1990年、ロマンティック・タイムズ・アワードのベスト・ストーリー・テラー賞、1994年、同西部劇部門栄誉賞を受賞。夫とともにフロリダに在住

森野そら : 東京外国語大学卒業。英米文学翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZU@ 《フィフティシェイズ・フォーエバー》 さん

    シリーズ最終話。3作とも良かった〜(☆∀☆) もっと続くといいのに。この作家さんの描くHOTシーン、大好きだわ(///∇///) 放蕩者って、育ちの良いお嬢様より、家族や仲間の為に危険な事に首を突っ込む、危なっかしい女性に惹かれる傾向があるのね(^_-)

  • イヴ  LH&NR祭り中 さん

    放蕩者トリロジー3。子爵ルーカス×密漁の長、ブリス。前半は密漁ブリスの元気、頑固さにルーカスが翻弄、後半は命を狙われたルーカスを心配するブリス、でもラストは自由奔放なブリスにルーカスが振り回されるけど、やっぱり好きやねん!!みたいな。ムズムズしながら読んだけど、ドキドキ感もたくさん。まぁHOT連発だからwwとにかくルーカスの性欲が半端ない!3部作ではこれが一番好きかな。

  • Miyuki_fsog さん

    シリーズ読了♪ヽ(´▽`)/ シリーズ通して、hot hot hotな作品でした❤❤❤

  • ちゃろ さん

    ★★☆☆☆放蕩者トリロジー第3弾。密輸団と美女と禁欲した伯爵となれば展開は見えるのでつまんない。途中で挫折。でも他の方のレビューを見ると評価高いので、またいつか気分を変えて読んでみようと思う。

  • 矢田ふみえ さん

    ヒーローが、結婚しないと思っているけど、ヒロインを守るため結婚する。愛のためじゃあないんだといいながら。いい男だよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品