コッター・ニクソン、ヘンリー(1842-1907)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

管弦楽作品全集 第3集 ポール・マン&コダーイ・フィル、リエパーヤ交響楽団

コッター・ニクソン、ヘンリー(1842-1907)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCC0374
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヘンリー・コッター・ニクソン:管弦楽作品全集 第3集

イギリスの作曲家コッター・ニクソンの管弦楽作品全集、第3集にして完結編。コッター・ニクソンは存命中には高い知名度を誇りましたが、次第に完全に忘れ去られた存在となりました。僅かな作品が残っているのみですが、「TOCCATA」レーベルがこれらの録音に着手し、すでに2枚の管弦楽作品全集を世界初録音として世に送り出しています。
 この第3集にはコッター・ニクソン最後の作品となったエドワード7世のための『戴冠行進曲』など7作品が収録されています。コッター・ニクソンの音楽にはメンデルスゾーン、シューマン、ウェーバーにサリヴァンなどの影響がみられ、彼自身も優れた音楽家であったことがこの録音からも聴き取れます。収録曲はほとんどが未完の作品でしたが、指揮のポール・マンによる巧みなオーケストレーションのおかげで、コッター・ニクソンがヴィクトリア朝イングランドのメロディ・メーカーであったことが証明されています。(輸入元情報)

【収録情報】
コッター・ニクソン:
1. アスラウガ序曲 (1890-93)
2. ファンタジア第2番(作曲年不明)〜ヴァイオリンとオーケストラのための
3. 演奏会序曲第1番『ティターニア』 (1880)
4. ガヴォット 変ホ長調(作曲年不明)
5. 『陽気なタイプライター』より前奏曲
6. 『陽気なタイプライター』より第2幕第18番「バレエ音楽」
7. 戴冠行進曲 (1902)


 アナ・トロク(ヴァイオリン:2)
 コダーイ・フィルハーモニー管弦楽団(1-5,7)
 リエパーヤ交響楽団(6)
 ポール・マン(指揮)

 録音時期:2016年8月21-26日(1-5,7) 2020年1月29日(6)
 録音場所:Pasti Synagogue, Debrecen, Hungary(1-5,7) Great Amber Concert Hall, Liepaja, Latvia(6)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品