コスタンティーノ ドラッツィオ

人物・団体ページへ

レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き

コスタンティーノ ドラッツィオ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309255668
ISBN 10 : 4309255663
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;20

内容詳細

巨匠の人生と作品を知る知的冒険の旅へ、ようこそ!謎多き天才の生涯を絵画作品を追いながら最新の情報とともに生き生きと物語った決定版!

目次 : 家庭の秘密/ 最先端の向こう/ 大胆な弟子/ リアルさを求めて/ 何でもする覚悟/ 画家、それとも吟遊楽人?/ 人体への飽くなき興味/ ついに宮廷へ/ 逆転劇、息をのむ名作/ 感情豊かな聖画/ 新たな挑戦/ 奇跡の名画/ 確立されたスタイル/ ローマの異邦人/ 終焉

【著者紹介】
コスタンティーノ ドラッツィオ : 1974年生まれ。美術史家&随筆家。ローマ現代アート美術館(MACRO)の展覧会キュレーターを務めるほか、イタリア国営放送で国内の芸術作品を紹介する番組を担当するなど、多方面で活躍している。著書に2つの賞を受賞したCaravaggio segretoなどがある

上野真弓 : 1959年生まれ。大分県別府市出身。成城大学文芸学部芸術学科(西洋美術史専攻)卒業。1984年よりローマ在住。ダンテ・アリギエーリ協会ディプロマ取得。夫は精神分析医。ローマの生活や芸術を紹介する人気ブログ「ローマより愛をこめて」の管理人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふう さん

    表紙の女性の魅惑的な眼差し。レオナルドの秘密にもうそこから惹きこまれていきます。まるで、読んでいる自分がレオナルドと同じ時代に生きているように思えるほど、レオナルドや彼を取り囲む人々の様子がわかりやすくいいきいきと描かれています。あふれる才能、創り出すものの苦悩、自分の思いを優先させる利己、何より科学的にそして哲学的に物事を追及していく探究心。ただ、死後、自分の作品がこれだけ世界を魅了し惹きつけることまでは予測できなかったかもしれませんね。レオナルドの作品に限らず、絵画の魅力についても教えられました。

  • ぐうぐう さん

    ダ・ヴィンチの生涯と作品の考察が、とてもわかりやすく、そして読みやすく書かれたコンスタンティーノ・ドラッツィオの『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密』。各章にこぼれ話を挿入することで読みやすさにこだわり、読者が抱く興味に耳を傾けるようにダ・ヴィンチの功績を紹介していく心遣い。ただ、わかりやすく読みやすいというのは、諸刃の剣でもある。つまりその分、薄っぺらくなってやしないか、という危惧。ところが本書は、その懸念を軽々と払拭している。(つづく)

  • ちゃわん さん

    久々に読み応えのある本に出会った。無粋な話だが、本を買う時、その金額に合った内容でなかったら、読後さぞガッカリするだとうと、いつも一抹の不安を持って財布を手にする。この本は3,000円近くするが、買って損のない内容。いつか、金額を気にせず本を買えるようになりたい……。

  • trazom さん

    この本は秀逸。ダ・ヴィンチの人と芸術が、非常によく理解できる。私生児としての出生の秘密は既知だが、その後の紆余曲折の人生から見える人物像が驚きだ。様々なトラブルを抱え巧みにパトロンを変えて切抜ける男、一つの芸術的行為に集中できず散漫な興味から中途半端な仕事で周りに迷惑かけ続けた男、仕事が遅く約束を守らない男、契約上の仕事を途中で放り投げてしまう男の姿が浮び上がる。著者は、レオナルドのそんな性質と、数学的均整があり、流れる時間から一瞬の時を切り取ったような絵画の特質を見事に紡いでゆく。知的で面白い、いい本だ

  • jugemu さん

    日本では応仁の乱の頃の室町時代に、イタリアで活躍したルネッサンス期の天才の物語。本国でヒットした『カラヴァッジョの秘密』に次ぐ出版。訳者あとがきにあるように「物語のように綴られた美術エッセー」で「人間レオナルド」の生涯が分かる。直径2メートル、重さ2トンの金属製球体を大聖堂の上に取り付ける工事に従事、大砲を持ち上げる装置のデッサン、自転車、自走車、飛行機のアイデアなどを生み出す、とんでもない天才が描くキリスト画に決して光輪を描かないのは当たり前だということがよく分かる。絵画に関心の薄い向きにもお薦め。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

コスタンティーノ ドラッツィオ

1974年生まれ。美術史家&随筆家。ローマ現代アート美術館(MACRO)の展覧会キュレーターを務めるほか、イタリア国営放送で国内の芸術作品を紹介する番組を担当するなど、多方面で活躍している

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品