ゲイリー・W.ディクソン

人物・団体ページへ

新リレーションとモデルのためのIT企業戦略とデジタル社会

ゲイリー・W.ディクソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894715486
ISBN 10 : 4894715481
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
追加情報
:
21cm,305p

内容詳細

情報テクノロジー(IT)をうまく使うことによって、リレーションシップ・マネジメントに役立てることができるようになる。本書は第一線の研究者がそれぞれの分野・立場にたってITと情報システムが、ひととひと、ひとと社会、ひとと企業のリレーションにどのように影響があるか、またはどのようにすべきかを論じている。

目次 : 情報技術の管理―21世紀へ向けての、ITモデルの変遷/ 技術の重要性/ Eビジネスモデル―Eビジネスへの展望/ 価値を生み出す技術―グループへのフォーカスの変化/ 拡大するビジネス環境を管理する―バーチャル空間からの価値の創造/ コミュニケーションの抱える課題―バリュー・ネットワークの将来展望/ リレーションシップ―Eコマースにとっての必要条件/ 情報化コミュニケーション技術がもたらす予想外の結果―管理者の持つジレンマ/ インターネット時代のプライバシー/ 未来のグローバルネットワークの組織―集権主義の高まりと長期契約関係〔ほか〕

【著者紹介】
ゲイリー・ディクソン : ノースキャロライナ州立大学マネジメント・カレッジ教授。1965年ミネソタ大学で、他の2人の研究者と共に、情報テクノロジーの組織アプリケーションに関する、世界で最初のアカデミック・プログラムを開始する。24人の博士課程修了者のアドバイザーを務め、3冊の本と100以上の論文を記す。MIS Quarterlyの創立者であり、情報システムの国際会議の最初の本会議議長を務めた。さまざまな規模の、さまざまな組織に対するコンサルティングを活動的に行っており、ノースキャロライナ大学チャペル・ヒル校ケナン・フレーグラー・スクール、およびワシントン大学の客員教授を務める

ジェラルディン・デサンクティス : デューク大学、フュークワ・スクール・オブ・ビジネス、マネジメント論教授。デューク大学のエグゼクティブMBAプログラムで教鞭を執り、スクールのグローバル・エデュケーション・イニシアチブに積極的に参加している。専門は情報テクノロジーと組織設計で、現在は仮想組織に関して非常に幅広いテーマについて、いくつかの研究プロジェクトを行っている。現在、Information Systems Researchの顧問会議メンバー

橋立克朗 : ソフトウエア開発、HP‐UX日本語化開発、システム・マーケティングなど歴任。現在HPコンサルティング所属、パートナーコンサルタント

小畑喜一 : NPOインターネットラーニングアカデミーILA(アイラ)理事

池田利明 : システム教育コンサルタント、トレーニングマネージャ、IT部門ユーザサポート・センターマネージャ、現在HPコンサルティング所属、シニアコンサルタント、オフィス・オートメーション協会テクニカルアドバイザー

小岩由美子 : 日本HP入社後、コンピュータ・マーケティング、テクニカルコンサルタント歴任、現在コンシューマIT製品マーケティング担当

山本英一郎 : 神戸大学経済学部卒業。日本ヒューレット・パッカード株式会社入社後経理・財務部門所属、システムエンジニアとして会計システム導入、オープン系システム、ERPシステム導入コンサルティングを歴任。現在、教育コンサルタントとしてHP−UX、Oracle、WBTシステム、CRMシステム導入を担当。システムアナリスト、上級システムアドミニストレータ、産業カウンセラーなどの資格を有する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品