ゲアリー・ブラックウッド

人物・団体ページへ

シェイクスピアの密使

ゲアリー・ブラックウッド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560027202
ISBN 10 : 456002720X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,340p

内容詳細

シェイクスピアの一座に連続して起こった、不審な事件の謎を追って、少年俳優のウィッジはライバル劇団に潜入する…。17世紀初頭のロンドンを舞台に展開する痛快冒険物語。

【著者紹介】
ゲアリー・ブラックウッド : 青少年向きの小説を数多く書いているアメリカの作家。ミズーリ州在住。主人公ウィッジが活躍する『シェイクスピアを盗め!』『シェイクスピアを代筆せよ!』は、それぞれ全米図書館協会ヤングアダルト部門最優秀賞を受賞している

安達まみ : 1956年生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。聖心女子大学助教授。専門は十六・十七世紀英文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takizawa さん

    『シェイクスピアを盗め!』『シェイクスピアを代筆せよ!』に続く三作目。作品自体はティーンズ向けなのだけれど,シェイクスピアが身近にいたらどんな感じなんだろう?と好奇心をそそられついつい読んでしまう。。当時の社会問題(ペストとかカトリック敵視とか)がよくこんなにリアルに描けるなと感心する。イギリス文学やイギリス史に興味がある人には特におすすめ。

  • ごへいもち さん

    三部作の最後なのでまぁそれなりだった

  • ばな さん

    ウェッジ、大人になったねぇ(涙)。嬉しいような、寂しいような。女占い師の予言が、当人の解釈を裏切って実現していく様子は、マクベスに倣っていますよね。マクベスは、ジェームズ王治下で成立するので、この物語の中の時間ではこれから執筆される作品。シェイクスピアさんがウェッジからの話からアイデアを得るのでしょうか。

  • 美沙 さん

    ウイッジ少年は役者としてだけでなく劇作家としても活躍し、恋もし、失恋までするようになった。成長を見届けられて嬉しい。史実と創作がうまく混ぜられた良いシリーズだった。

  • 茶々 さん

    これまでの作品ほど疾走感はないけど、きれいにまとめたな、という印象。ジュリアとウェッジならぬジェイムズの恋の行方が気になるよ……。サンダーだけでなく父親やペイヴィまで死んでしまったのは残念だな。本物のペイヴィが13で死んでる以上仕方なかったんだろうけど……サンダーほどではないけど結構好きなキャラだった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ゲアリー・ブラックウッド

青少年向きの小説を数多く書いているアメリカの作家。ミズーリ州在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品