社会科学のリサーチ・デザイン 定性的研究における科学的推論

ゲアリー・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784326301508
ISBN 10 : 4326301503
フォーマット
出版社
発行年月
2004年01月
日本
追加情報
:
22cm,287p

内容詳細

手にしうる事実からどれだけ多くの「わかること」を引き出すか。「社会科学者のように考える」うえで必要な問いの立て方や議論の進め方を教える、実践的方法論。

目次 : 第1章 社会科学の「科学性」/ 第2章 記述的推論/ 第3章 因果関係と因果的推論/ 第4章 何を観察するか/ 第5章 何を避けるべきか/ 第6章 観察の数を増やす

【著者紹介】
ゲアリー・キング : ウィスコンシン大学Ph.D.現在、ハーヴァード大学教授。計量政治学、政治学方法論。どうすれば集計データから個人レヴェルの行動を推定することができるかという生態学的推定問題(ecological inference problem)を解いたことで名高い

ロバート・O.コヘイン : ハーヴァード大学Ph.D.現在、デューク大学教授。国際政治経済学。ネオリベラル制度論を代表する国際政治学者として著名

シドニー・ヴァーバ : プリンストン大学Ph.D.現在、ハーヴァード大学教授。比較政治学。政治文化や政治参加と平等に関する著作で知られる

真渕勝 : 京都大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まつを さん

    研究計画を進めるなかで生じるバイアスの問題や、たくさんの観察数の必要性などを数式による証明や統計学による視点で解説している点は教科書的でわかりやすい。しかし、社会科学の方法論をビジネスで活用したいと本書を手にとった者にとっては、少し期待に答えられない内容でもあった。限られた時間とデータとコストから因果推論を求められるビジネスの世界で、不確実性は常に付きものだからだ。とは言え、本書の理解は社内に於ける分析担当者のスキルアップと分析結果の信頼性向上につながることは間違いないと思う。

  • ぽん教授(非実在系)こと椪@KY さん

    統計学的な発想をベースとし、かなり定量研究側からの意見を投げまくるため、観察するデータnを増やすことと観察可能な含意についてのトレードオフ性の問題やら、モデルの線形性の仮定大前提だとかの問題が残ってしまう。また、本書自体がまとまりが悪いためもっとわかりやすい方法論の教科書が多くある現在においては学習効果を期待して読んではいけない。以上の欠陥があるものの、同じ勁草から出てる『社会科学の方法論争』など他の方法本を読むにあたってのたたき台となる内容であり、その意味での古典としての地位は揺るがない。

  • Ryueno さん

    雑なまとめ方をすると、定性的研究においても定量的研究と同様の発想が必要だとしていて、「Nを増やせ」というのが本書の主たるメッセージの一つである。だが、定性的研究と定量的研究の間ではそもそも物事についての認識が異なるということを踏まえると(定性は決定論的、定量は確率論的)、単純に定性的研究に定量的な発想を取り入れればよいとするKKVの発想にはやや違和感を覚える。ただ、観察可能な含意を増やすというのは定性的研究でも必要だと思うし、本書を読む価値がないかというとそんなことはないと思う。

  • moleskine_note さん

    社会科学における研究をする際の手引書。 研究者になりたいわけではない自分としては、様々な調査の方法と相手にどう伝えるかという観点に絞って読んでみた。 大学で学んだことが、直接的には今の生活に役立っていることは少ないけれど、これはどこかで、自分の姿勢を正すのに役立ってくれそう。 (足掛け2年くらいかかったけれどやっと読み終わった。)

  • 高山俊一 さん

    社会科学という、定性的評価になりやすい問題を、ロジカルにまとめている本。定量的、定性的の2パターンから社会を捉えるhow toを学んだ気がする。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ゲアリー・キング

ウィスコンシン大学Ph.D.現在、ハーヴァード大学教授。計量政治学、政治学方法論。どうすれば集計データから個人レヴェルの行動を推定することができるかという生態学的推定問題(ecological inference problem)を解いたことで名高い

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品