シャドウ・ファイル 覗く ハヤカワ文庫NV

ケー・フーパー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150409814
ISBN 10 : 4150409811
フォーマット
出版社
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
591p;16

内容詳細

人の心を読む能力をもつキャシーは、偶然、強烈な殺意を抱く異常者の思念をつかんだことから、警察に殺人事件を予告した。閑静な田舎町は連続殺人の発生で恐怖に震える。キャシーは能力を使い捜査に協力するが、彼女の能力を用いても犯人の特定は困難をきわめた。やがて、彼女は犯人の中に別の殺人者の存在を感じとるが…超能力と人の心の奥底に潜む異常性が紡ぎだす新感覚スリラー、シャドウ・ファイル三部作、第一弾。

【著者紹介】
ケイ フーパー : 1980年にロマンス小説で作家デビュー後、現代ロマンス、歴史ロマンス、ファンタジイ、ミステリ、モダンゴシック、サスペンスなど多岐にわたって作家活動を展開する。ノースカロライナ在住

幹遙子 : 高知大学人文学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 伊之助 さん

    初読みのアメリカ作家。加えて、サイコパススリラーとか言うんだろうか、こういうのを読むのも初めてかもしれない。他人の心を読む能力を持つ女性が凶悪犯罪の捜査に協力していくというお話。主人公がその心身を削って、シリアルキラーの心に入り、その狂気や漆黒の闇を共有していく恐ろしさがよく伝わる。入った心の、或いは主人公が受ける心のダメージの描写は、心理描写に長けた著名作家のそれに近いものがありそう。

  • みみずく さん

    三部作の第一作目。人の心を読むことができる能力を持つキャシーが、強烈な殺意を持つ者の思念をキャッチした。警察に予告をするものの第二、第三の事件が起こり…。思念は受け取るものの、犯人の決め手になるような都合の良いものは見られず、読む方もジリジリしながら一気に読了。作者がロマンス小説出身ということもあって、恋愛の流れも丁寧に描かれていて良かった。ロマンチックスリラーの隠し玉的作品ということで読書会で紹介頂いたのだけど、大変満足!

  • siva さん

    触る事で相手の事がわかるサイキックの女性が主人公。捜査協力によって心に傷を負い田舎に籠るが、連続殺人を読み取ってしまったため再び捜査に協力していくストーリー。FBIに協力する超能力者って来日してテレビに出たりするけれど、この主人公は目立つ事を極端に嫌う。本物の能力だと目立ちたくないよね、って思ってしまう。人の心がわかる力というのはすごく厳しそうです。無意識の領域まで真っ白に綺麗な人なんて幼子以外ありえないもんね。シリーズほかも読もう。

  • かおりん さん

    長い間探してて、やっと見つけたシリーズの1作目。シリーズを読んでて、?な事があったけど、1作目を読んでも全てわかるわけではない…

  • みーさん さん

    ⭐️ ⭐️⭐️⭐️

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品