「複雑系」を超えて システムを永久進化させる9つの法則

ケヴィン・ケリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784756130181
ISBN 10 : 4756130186
フォーマット
発行年月
1999年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • roughfractus02 さん

    無中心の閉じたネットワークを作るシステムが多様性を生むのは、少ない変数によるフィードバックループの継続でもシステム全体を変えうるという性質にある。著者は、システムの例をエネルギーリサイクルの循環性に見出し、その生態系に似た多様性を指摘する。さらに本書は、フィードバックによる「収穫逓増」の性質を、情報の創発の点から9つの法則(分散、ボトムアップ、収穫逓増の育成、分割しない塊での成長、周縁の極大化、誤りの尊重、多数のゴール設定、持続可能な非平衡状態の追求、自ら変化する変化の信頼)として抽出する(1999刊)。

  • 川原 健太郎 さん

    16-6/2

  • knenet さん

    1970年代後半から1990年代前半にかけての未来を感じさせる試みを創発という切り口で集めたもの。タイトルは釣り。限られたルール、資源からどれだけの複雑性を生み出せるのか。いかに安定したシステムをつくり出せるのか。その足跡を辿ることが出来た。

  • chi-chan さん

    かなり難しい内容 フォトリーディングで必要な情報のみ拾いました。 それでもかなり難しいかったです。

  • mulank さん

    部分部分の局所的近視眼的な振る舞いによって、全体としてのより知的な振る舞いが創発されうる。 そして、進化を繰り返してきたシステムは、一見まったく洗練されていないものの、なぜかうまく問題を解決することができる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品