母の記憶に ケン・リュウ短篇傑作集 3 ハヤカワ文庫SF

ケン・リュウ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150122317
ISBN 10 : 4150122318
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
334p;16

内容詳細

不治の病を宣告された母―母はわたしを見守り、残された時間をともに過ごすためにある選択をする。それはとてつもなく残酷で、愛に満ちた決断だった…。母と娘のかけがえのない絆を描いた美しくも切ない表題作、肉体を捨てて意識をアップロードした家族を見送った人々を描く「残されし者」など、『紙の動物園』で読書界の話題を集めた作家が贈る、第二短篇集である単行本版『母の記憶に』から9篇を収録した傑作集。

【著者紹介】
ケン・リュウ : 1976年、中華人民共和国甘粛省生まれ。弁護士、プログラマーとしての顔も持つ。2002年、短篇「カルタゴの薔薇」でデビュー。2011年に発表した短篇「紙の動物園」で、ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝く。その後も精力的に短篇を発表するかたわら、中国SFの翻訳も積極的におこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • shamrock さん

    安定の面白さ。収録作全部好き。敢えてあげるとしたら、「重荷は常に汝とともに」「カサンドラ」「レギュラー」辺りか。

  • てっちゃん さん

    どの作品も大変魅力的だ。SFのジャンルに収まらない多彩さ。特に「レギュラー」は、長編にして欲しいなと思った。

  • Decoy さん

    エンタテインメント性が、グッとアップしているような気が。手を替え品を替えで、「どこからこんなアイデアが?」「こんなのも書けるのか!」という驚きがいっぱい。いくつかのお話は、今すぐにも映画化されそう(特に『レギュラー』)。『パーフェクト・マッチ』と『残されし者』が、薄ら寒くも、強く印象に残った。

  • にな さん

    中国のSF作家、ケン・リュウの短編集三作目。スーパーマン世界や探偵物と言った、全2作とは異なったアプローチの作品に触れることが出来て、非常に面白かった。 作者の『宇宙への愛』『家族への愛』『未来への愛』、決して物語を後ろ向きでは終わらせない強靭さを全編から感じさせられた。それが、彼のSFを読み終わった後の静かな高揚感に繋がっているのかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ケン・リュウ

1976年、中華人民共和国甘粛省生まれ。弁護士、プログラマーとしての顔も持つ。2002年、短篇「カルタゴの薔薇」でデビュー。2011年に発表した短篇「紙の動物園」で、ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝く。その後も精力的に短篇を発表するかたわら、中国SFの翻訳も積極的にお

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品