中国・SF・革命

ケン・リュウ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309029030
ISBN 10 : 4309029035
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
王谷晶 ,  
追加情報
:
340p;20

内容詳細

初邦訳のケン・リュウ「トラストレス」、〓景芳「阿房宮」、書き下ろし、柞刈湯葉「改暦」他、日中米の作家が紡ぐ小説とエッセイ12篇。

目次 : トラストレス(ケン・リュウ)/ 改暦(柞刈湯葉)/ 阿房宮(〓景芳)/ 移民の味(王谷晶)/ 村長が死んだ(閻連科)/ ツォンパントリ(佐藤究)/ 最初の恋(上田岳弘)/ 盤古(樋口恭介)/ エッセイ(食う男(イーユン・リー)/ 存在は無視するくせに、私たちのふりをする彼ら(ジェニー・ザン)/ ルポ『三体』が変えた中国(藤井太洋)/ 『三体』以前と以後(立原透耶))

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • keroppi さん

    「文藝」2020年春季号の中国SF特集を再構成した単行本。この「文藝」もかなり売れたらしいが、「三体」を始めとして中国SFがかなりブームになっているみたい。この本では、中国作家以外に、日本人作家が中国をテーマに書いていたり、中国SFに関してのエッセイが掲載されていたりと、中国SFを俯瞰出来て楽しめた。特にエッセイでは、アメリカでの中国作家の現状や、中国でのSF界の活動が垣間見れるし、中国SFの他の作品を知ることが出来て、興味深く読めた。まだまだ読んでみたい本がある。しばらくは、中国SFから目が離せない。

  • つくえくん さん

    「三体」からの大きな波紋の広がりを感じられるアンソロジー。スケールの大きな郝景芳の「阿房宮」、孫文の異説、佐藤究の「ツォンパントリ」が印象に残る。

  • イツキ さん

    中国がテーマの一部になったSF短編のアンソロジー。最近多いですがこのアンソロジーは日本の作家も参加しているので少し雰囲気が異なります。一番印象的だったのは帯に百合餃子SFと称されていた「移民の味」文字通り百合で餃子でSFなのですが移民である主人公の複雑な心情やプライド、そして読者に仕掛けられたミスリードが上手く面白かったです。柞刈湯葉さんと樋口恭介さんの新作が読めたのも良かった。

  • 本の蟲 さん

    流行りの華文SFの短編集かと思いきや、(もちろんそれも入っているが)「中国を舞台にした」概ね国内作家のSF短編集。過去から未来にかけて、世界に大きな影響力を持つ中国を語った9つの短編と3つのエッセイ。我々が知識として知っており、よくフィクションにも登場する中国の歴史と、変わりゆく未来のイメージが想像できておもしろかった。中国生まれでNYで詩人として活躍するジェニー・ザンのエッセイは、多民族国家アメリカのアイデンティティの問題、白人が抱いてる人種に対するトラウマとコンプレックスを批判した内容で痛快(続

  • ののまる さん

    やっぱりケンリュウがいいね〜

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ケン・リュウ

1976年中華人民共和国甘粛省生まれ。2011年に発表した短篇「紙の動物園」で、ヒューゴー賞・ネビュラ賞・世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝く。中国SFの翻訳・紹介も積極的におこなっている。アメリカ、マサチューセッツ州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品