構造としての神 超越的社会学入門

ケン・ウィルバー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784791750979
ISBN 10 : 4791750977
フォーマット
出版社
発行年月
1990年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;20X14

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Gotoran さん

    トランスパーソナル(超個人)心理学の理論家の雄、ケン・ウイルバーの研ぎ澄まされた感性で「久遠の哲学」をベースに現代の機能主義、解釈学、発達論的構造主義等、広範に亘った論考が繰り広げられる。超個人心理学とは古くからあり、西洋ではプラトン、アウグスチヌス、東洋では仏陀、パタンジャリ、アサンガにまで遡ることができると云う。宗教心理学と宗教社会学への入門書と位置付けられ、人類の歴史と社会をトランスパーソナル的な次元へと向かう視点から捉え直し、新たな意味付けがなされているとも。興味深々だった。

  • Yasomi Mori さん

    宗教=反合理とみなしがちな状況に抵抗し、前合理→合理→超合理の弁証法的発展段階を構想。宗教はその発達を促し助ける役割を担うと主張。全面的な合理化のうねりは必要な途中経過であり、それ自身において宗教的である、と。/社会学の成果を貪欲に取込みつつ、還元主義に陥りがちな傾向を強く批判してもいる。伝統宗教や新興宗教、マルクス、フロイトらの仕事を自らの体系内に位置付け直そうという野心的著作。「宗教」の定義を一望し、宗教の「合法性」と「本格性」の区別を導入するなど、分析の技法も勉強になる。難解で半年かけて読了。

  • tekesuta さん

    合理的な心をそのままに超越する超合理と、合理的な心以前の迷信である前合理の混同が、宗教についての問題をややこやしくしているのだろうな。とはいっても、この2つの見分け方は難しいよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品