ファイアーウィング 銀翼のコウモリ 3

ケネス オッペル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784092904538
ISBN 10 : 4092904533
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,381p

内容詳細

心配性の少年コウモリ・グリフィンは、自分の引っ込み思案な性格が気になってしかたがない。そんなグリフィンは、仲間をあっと驚かせるようなことをしようと、大胆な行動に出る。シリーズ完結編、感動の最終章。

【著者紹介】
ケネス オッペル : 1967年、カナダ、ブリティッシュコロンビア州ポートアルバーニ生まれ。12歳ごろから作家を志し、14歳のときに書きはじめた初の小説が作家のロアルド・ダールに認められ、17歳のときに出版される。現在までに児童・ヤングアダルト向け小説20点、一般向け小説1点を発表、カナダなどで多数の賞を受賞している

嶋田水子 : 上智大学外国語学部英語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あつぼう さん

    この巻で銀翼コウモリシリーズは完結します。今作ではシェードとマリーナの子供グリフィンが活躍します。父親シェードとは違って臆病なグリフィン・・・。でも様々な試練を乗り越えて父親のように勇敢になっていきます。シェードがグリフィンに言った【怖がっていてもちゃんとやってのけた。それが勇敢というものだ。お前の事を誇りに思う】ってセリフが凄く印象的でした。宿敵ゴズも再登場してドキドキハラハラしながら読みました。これでこのシリーズが終わってしまうのは悲しいです。

  • コウヤ さん

    シェードが父親らしくて良かった(^^♪

  • おおとのさま さん

    もうこれで、シリーズ終わりか・・・ 小学生の息子は、この終わり方は納得がいかないらしい。 私としては、意外ではあるkど、こんな終わり方もあるんだな・・・ と思うけど。

  • あろんそ さん

    また思わぬところへ話がころがり、面白かった。コウモリの視点がやはり新しい。いろいろなものがおさまるところへおさまり、物語がひとつの終わりを迎えた、という感じがした。

  • anxi さん

    仕事

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ケネス オッペル

1967年、カナダ、ブリティッシュコロンビア州ポートアルバーニ生まれ。12歳ごろから作家を志し、14歳のときに書きはじめた初の小説が作家のロアルド・ダールに認められ、17歳のときに出版される。現在までに児童・ヤングアダルト向け小説20点、一般向け小説1点を発表、カナダなどで多数の賞を受賞している

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品