ドイツ装甲師団 第2次大戦兵器ブックス

ケネス・マクセイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784890631308
ISBN 10 : 4890631305
フォーマット
出版社
発行年月
2000年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,268p

内容詳細

戦史上もっとも卓越した組織の1つである「ドイツ装甲師団」はどのようにして誕生し、進化していったのか。ドイツ軍の先鋒として、欧州全域を駆けめぐり、雪のロシア戦線、灼熱のアフリカ戦線を縦横無尽に暴れまわった「ドイツ装甲師団」の興亡を総合的にとらえた名著の全訳。

目次 : 1 ヒトラーの一声で生まれた装甲軍/ 2 スピードの勝利、ポーランド侵入/ 3 奇襲・集中攻撃でフランス席巻/ 4 機動力分散しアフリカ、バルカンへ/ 5 モスクワを目前にして総退却/ 6 砂漠を駆けるロンメル軍団/ 7 スターリングラード争奪戦/ 8 グデーリアン、装甲軍を再建/ 9 物量作戦に新鋭戦車もむなし/ 10 連合軍、ノルマンディ上陸/ 11 最後の決闘「バルジ」作戦/ 12 不滅の栄光にかがやく装甲師団

【著者紹介】
ケネス・マクセイ : 1941年以来、イギリス陸軍将校として、戦車連隊、機甲軍団に勤務し、英十字章を受ける。少佐で退役。退役後は軍事評論に専念し、多くの著書を発表。主著に英国戦車連隊小史『青い草原のかなたへ』、西部戦線の英機甲部隊の奮戦を描いた『ビミー丘の暗い影』、『ロンメル戦車軍団』がある

大木毅 : 1961年東京生まれ。立教大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。1990年より92年にかけてDAAD(ドイツ学術交流会)奨学生として、ボン大学に留学。ドイツ現代史専攻。千葉大学そのほかの非常勤講師をへて、現在、昭和館運営専門委員。主な著書に『太平洋戦争の終結』(細谷千博ほか編、共著、柏書房)、訳書に『タイムズ第2次世界大戦歴史地図』(共訳、原書房)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ケネス・マクセイ

1941年以来、イギリス陸軍将校として、戦車連隊、機甲軍団に勤務し、英十字章を受ける。少佐で退役。退役後は軍事評論に専念し、多くの著書を発表。主著に英国戦車連隊小史『青い草原のかなたへ』、西部戦線の英機甲部隊の奮戦を描いた『ビミー丘の暗い影』、『ロンメル戦車軍団』がある

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品