ケネス・グレーアム

人物・団体ページへ

ものぐさドラゴン 世界こどもの文学

ケネス・グレーアム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784323004846
ISBN 10 : 4323004842
フォーマット
出版社
発行年月
1978年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
101p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ムック さん

    最近読んだ漫画で紹介されてて面白そうだったので。戦うのが嫌いで詩をつくるのが好きなドラゴン、男の子は子供らしくてすごく可愛いし、セント・ジョージも騎士道精神に溢れてる立派な人物でした。ものぐさでお調子者のドラゴン、そんなドラゴンもいてもいいじゃない。読後感もあったかくなれるいいお話でした。

  • ふじ さん

    『のんきなりゅう』は抜粋だったのだなと思わされる、前後の兄妹の話も含めた完全版。訳文も綺麗だけれど親しみやすく、挿絵もシンプルながら可愛らしい。ますます物語が好きになりました。石井桃子さん訳版もあるらしく、気になります。

  • 有 さん

    本屋の森〜で知って。ものぐさなドラゴンがいたっていいじゃない。人は見かけによらず(この物語はドラゴンだけど)、ってね。セント・ジョージさんの柔軟な考えによる立ち回りが固定観念化された勇者っぽくなくていいな。

  • 黒蜜 さん

    『のんきなりゅう』と読み比べ。言い回しが 今の子供には難しいかな?高学年なら大丈夫?絵も可愛らしいけど、詳細ではない。前後の兄妹の話が好きなので、私はこちらが好きだが、小学校三年生以下なら『のんきなりゅう』の方が読みやすいと思う。ドラゴンの絵が、こちらは羽があって日本人の思うドラゴンだなぁ。のんきなりゅうは羽がないけど、セント・ジョージが戦ったドラゴンはどうだったのだろう。

  • みなかすみ@道北民 さん

    楽しいおはなしでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品