トレマリスの歌術師 2 水のない海

ケイト・コンスタブル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591104958
ISBN 10 : 4591104958
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,381p

内容詳細

「幽閉されている歌術師の子どもを助けてほしい」と頼まれたカルウィンたちは「蜘蛛の巣宮殿」に忍び込む。そこはダロウの秘密が隠された場所でもあった…。「歌術」というユニークなモチーフを使ったファンタジー。

【著者紹介】
ケイト・コンスタブル : 1966年、オーストラリア・メルボルン生まれ。メルボルン大学卒業後、レコード会社にパートタイムで勤務するかたわら、著作を始める。『トレマリスの歌術師』が小説家としてのデビュー作。現在は夫と娘二人と共にメルボルン在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • suiu さん

    うーん、宮廷こととか案外大雑把で良くわからなかった。 こんなことで、新しい国なんて出来るの? ダロウとカルウィンは離れちゃだめでしょ!

  • めぐみこ さん

    新キャラ・キーラが強烈。野心があってプライド高くて美人で手段を選ばない、やっぱり悪女はこうでなくっちゃ。ダロウにちょっとイラッとさせられるのは、カルウィンが感情移入しやすいということだろうか。あんまり好きなタイプじゃないのだが、主人公は別格なのかな。それだけに、ラストで歌術をなくしてしまったことは衝撃だった。サミス生存も含め続きが気になりすぎる!

  • nao さん

    ★★☆☆この厚さの本ならもう少し内容が濃くてもよいかな。キーラはいいキャラしてる。ミカにイラっとするのはなぜだろう。子供の無邪気さみたいのが鼻につくのか。

  • らすぷ〜ちん さん

    中々話が進まないし、ちょっとイラっとするような場面もあるけど、それは、物語の世界に入っている証拠でもあったりする。きっと面白いんです。

  • psy さん

    1巻よかー間違いなく面白いです〜。少女マンガテイストばっちしで。萩尾望都のイメージぴったし!次巻も楽しみです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ケイト・コンスタブル

1966年、オーストラリア・メルボルン生まれ。幼少期を過ごしたパプア・ニューギニアでは、テレビがなかったため、町にあった小さな図書館の本の大半を読破した。メルボルン大学卒業後、レコード会社にパートタイムで勤務するかたわら、著作を始める。『トレマリスの歌術師』が小説家としてのデビュー作。現在は夫と娘二

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品