きかせてアクア海のおはなし

ケイト・クームズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894491540
ISBN 10 : 4894491540
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26X27

内容詳細

海をたたえ、生命力にあふれたこの一冊を手にとれば、そこはもう海。いくつもの賞に輝やく水彩画家メイロ・ソーによる見事な水の世界。そして遊び心も忘れずに、ケイト・クームズが放った感動的な詩の数々。『きかせてアクア海のおはなし』は、海の美しさと力強さ、深海に広がる神秘、終わることのない海の響きを、あなたのもとに届けます。

【著者紹介】
ケイト・クームズ : 太平洋にほど近い南カリフォルニアで育つ。『きかせてアクア海のおはなし』は、はじめての詩集

綾音惠美子 : 東京都出身。瀬戸内海に面した神戸、尾道で少女時代をすごす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ♠利用停止♠ナイスご無用。詳しくは自己紹介欄で さん

    原題“Water sings blue:ocean poems” 海の好きな父のために購入して一緒に読んだが、残念ながら詩の方は言葉の選び方が好みにあわず(私も)。絵は気に入ってくれたようで繰り返し眺めていた。波、鴎、蟹、貝、ヒトデ、ウニ、サメ、クラゲ、鯨、難破船、海亀、蛸、珊瑚、ウミウシ…色鮮やかな海の命。父も私もこの絵を見て、自分の中にある海を思い出せた。リュウグウノツカイとフウセンウナギが絡まり合う姿にハートを見つけた父のセンスに脱帽。

  • EDX さん

    海の静かで綺麗な部分を見つめているような 美しいお話でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ケイト・クームズ

太平洋にほど近い南カリフォルニアで育つ。『きかせてアクア海のおはなし』は、はじめての詩集

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品