グレッグ・イーガン

人物・団体ページへ

TAP 河出文庫

グレッグ・イーガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464299
ISBN 10 : 4309464297
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
397p;15

内容詳細

究極の言語表現を可能にするインプラントTAPを使用していた詩人が、謎の死を遂げた。捜査を依頼された私立探偵が見た真相とは…表題作「TAP」他、奇妙な体外離脱体験を描いた「視覚」、著者の世界観が打ち出された名作「銀炎」など全10編。変わりゆく世界、ほろ苦い新現実。世界最高と名高いSF作家イーガン傑作選。

【著者紹介】
グレッグ イーガン : 1961年、オーストラリア西海岸パース生まれ。SF作家。西オーストラリア大学で数学理学士号を取得。83年、デビュー。「祈りの海」でヒューゴー賞受賞

山岸真 : 1962年、新潟県生まれ。埼玉大学教養学部卒。SF翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • shomma さん

    グレッグ・イーガンのSF作家としてのすばらしさを再確認すると共に、なんか乙一っぽいなあ……と思うなど。順位、@「視覚」A「TAP」B「新・口笛テスト」C「悪魔の移住」D「森の奥」 おそらく、どの作品も、これは短編に、これは中編に、といって構成されたものではないようである。唐突に終わるのは個人的には好きな点。

  • SAT(M) さん

    バーナード嬢曰く(正確には神林嬢曰く)、難解な箇所はあるけれど、そこを読み飛ばしても面白いのがイーガンだ、とのことですが、まさにその通りだなぁと。文系読者としては、ガチガチの疑似科学に閉口させられるんですが、その裏には哲学的な思索や社会への観察眼があり、そこを追うだけでも十分楽しめる短編集でした。筆者の科学技術に対するスタンスが、賛成/反対に二択で割り切れるものではなく、微妙なニュアンスを持っているがゆえの深みを感じました。「銀炎」のラストはゾクゾクです。

  • マト文庫 さん

    初期傑作選なのでハードSF度はまだ低いが、(まだそんなに読んでいないけど)その後のイーガンに通じる社会派的な部分が結構出ていた。イーガンって社会派なんだという印象を新たにした。近年の作品をもっと読まないと。

  • キキベル さん

    まだ、SFに慣れてないせいか、理解しきれませんでした(汗) いつか、再読しようかな。

  • 浅木原 さん

    ゴリゴリのハードSFって感じではないタイプの作品を集めた短編集(全部がわかるとは言っていない)。共通テーマは「テクノロジーが人間をどう変えるか」ってとこですか。ニューエイジや宗教や疑似科学へのイヤミに充ち満ちつつ、だからこそブラックなオチが冴え渡る「銀炎」がベスト。これは『万物理論』とセットで読みたい。他、異様にひねくれた幽体離脱ものの「視覚」、核はシンプルなアイデアストーリー(ただしその発想そのものがいかにもイーガン)な「新・口笛テスト」「ユージーン」あたりもたいへん楽しい。面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

グレッグ・イーガンに関連するトピックス

  • 現代SFの人気作家イーガンの新作! コンピュータ上に人間のコピーを作り、マーティンは自分の死後も、最愛の息子を導いていこうと考えるが……。伏線の細かさで... HMV&BOOKS online|2015年06月24日 (水) 15:28
    現代SFの人気作家イーガンの新作!

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品