グレチャニノフ(1864-1956)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

グレチャニノフ:交響曲第4番、チェロ協奏曲Op.8、ミサ・フェスティヴァOp.154 イワシュキン(vc)/ポリャンスキー

グレチャニノフ(1864-1956)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHAN9559
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Largo
  • 02. Vivo
  • 03. Andante
  • 04. Allegro Vivo
  • 05. Andante Non Troppo
  • 06. Andante
  • 07. Allegro Giocoso
  • 08. Allegro Vivo
  • 09. Kyrie
  • 10. Gloria
  • 11. Credo
  • 12. Sanctus
  • 13. Benedictus
  • 14. Agnus Dei

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
『交響曲第4番』は第1、3楽章など、味わい...

投稿日:2019/12/16 (月)

『交響曲第4番』は第1、3楽章など、味わい深いところもあるのだが、第4楽章のフィナーレになって急にチャイコフスキイのバレエ音楽のような雰囲気になったり、統一感が薄く、全体としてはあまりぱっとしない感じがする。 それに対して『ミサ・フェスティーヴァ』は短い作品だが、とても素晴らしい。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
グレチャニノフの評価って定まっているのだ...

投稿日:2012/01/21 (土)

グレチャニノフの評価って定まっているのだろうか。シベリウスとほぼ同時代を生きたロシアの作曲家。旋律の美しさはチャイコフスキーやラフマニノフだし、ブラインド・テストで五人組の一人ですよと言われたら肯定してしまいそう。chandosから出ているアルバムの中では、交響曲とチェロ協奏曲とミサが一度に味わえるこのアルバムが好きです。一時はまったポリャンスキーがスケール豊かに見事にまとめています。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品