グレゴリ・ベートソン

人物・団体ページへ

バリ島人の性格 写真による分析

グレゴリ・ベートソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784772004824
ISBN 10 : 4772004823
フォーマット
出版社
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
271p;27

内容詳細

目次 : バリ島人の性格/ 写真と説明についての注/ 図版と説明/ バリについての民俗誌的な注

【著者紹介】
外山昇 : 1954年生まれ。1981年東京外国語大学大学院修士課程修了。現職、埼玉大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おにぎりの具が鮑でゴメンナサイ さん

    なしてまたこんな本読んだの?って私自身が思うくらいなんだがじつは私はバリ島がだいぶ好きみたいなのであります。とはいえほぼ100年近くも前に編纂されたこの書を携えバリニーズに対峙してみたところで、サムライやニンジャを求めて日本へ来てしまった欧米人の如く時代錯誤も甚だしいというものですが、今は失われつつもある純朴な風俗と今も面影を残す清廉な魂のルーツがそこかしこに写真とともに記録されており興味深く、急速なリゾート化著しいバリ島が少しでも永く神の住む島であり続けてほしいと勝手ながら想いを馳せてみるのでございす。

  • roughfractus02 さん

    見知らぬものに出会ったら、ひとまず自分の考えを投影するしかない。だが、ひとまず仮に、のところで留めるべきだ。土地が変わることはニュートン空間上の点の移動ではない。だからといって、他者に出会う時に自分の「心性」(エートス)を押しつけるわけにもいかない。1930年代マーガレット・ミードとバリ島に入ったベイトソンは、当時の人類学調査では前例のない写真記録を作り、キャプションと説明をつけて100の場面に分けた。彼は写真をボードにピン止めするようにしてそれらに言葉を添える。すぐにでも外せるような、仮止めの思考で。

  • ULTRA LUCKY SEVEN さん

    何ていうか、これは「人間として生きることとは何か」という「前提」があると凄まじく面白い。最終章からドゥルーズは「ミルプラトー」という自身の代表作のタイトルを引用した。西欧的知性とは真逆の宇宙的自由がある一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品