グレゴリ・ベンフォード

人物・団体ページへ

夜の大海の中で

グレゴリ・ベンフォード

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150106584
ISBN 10 : 4150106584
フォーマット
出版社
発行年月
1986年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
山高昭 ,  
追加情報
:
521p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ニミッツクラス さん

    ベンフォードの「銀河の中心」シリーズの一作目。小惑星の秘密や遺棄された宇宙船のテクノロジー、ファースト・コンタクトに尽力する人々の話を期待すると、かなりガックシくる(実際キタ)。宇宙飛行士兼科学者ナイジェルの99年から2019年までの・・内容は他のユーザーさんの通り。シリーズなのだから本書はブ厚すぎるプロローグだと考えて、先に進まざるを得ない。50m先からでも加藤氏の作品と判るカバー絵(宇宙探査艇)が嬉しい。時折挿入される妙な日本感に戸惑うが、ともあれ次作のナイジェルに期待。★★★☆☆☆

  • けいりん さん

    古い作品だけど面白かった! 第1部のドキドキ感で引き込まれた後は少しだるく感じる展開もあるけれども、第2部の後半を経験してしまうとその先にも期待を持つしかなくなってしまう。 いい意味(と思うかどうかは人によるとは思うけど)で地味なとこも好み。主人公がイギリス生まれだからってわけじゃないだろうけど、ちょっとイギリスSFみたい。 だがラストには不全感あり。続き読むしかないじゃないか。

  • レイス さん

    sf的な部分は少なく、上司や政府との対立に重点が置かれててつまらなかった。ラストも精神的なもので、漠然としてるというかすっきりしない。なんか、人間同士で言葉が通じるのに相互理解できないのに、ファーストコンタクトなんておこがましいような気がしてきました。

  • Yoshiyuki Kobuna さん

    《銀河の中心》シリーズ開幕編。思っていたよりも随分和やかな印象。

  • ブント大佐 さん

    あらすじや冒頭の内容から想像されるのと違い、極めて内省的な話が続きます。所々で主人公の認識が拡大したと思しき表現が出てくるのですが、これが凄く読み辛い。ことあるごとに上役がバカなので主人公が逆らう、上役を強請る、新しい仕事を手に入れてお咎めなしという展開が何度も出てくるので、少々ウンザリさせられて、主人公を好きになれないです...。シリーズの第一作ですが、自分には向いてなかったようで、続きを読みたい気にさせてくれないです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品