グリーグ(1843-1907)
新商品あり

グリーグ(1843-1907) レビュー一覧 9ページ目

グリーグ(1843-1907) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

234件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 豪腕のイメージを持っている方も多いかと思いますが、...

    投稿日:2010/02/16

    豪腕のイメージを持っている方も多いかと思いますが、リヒテルが本当に素晴らしい演奏を残しているのは、こういったタイプの曲だと思います。アンダンテ・ファヴォリだとか。第一巻第二曲のワルツは特別な演奏で、曲への愛情を感じさせてくれます。全集を買いたくなる心理に逆らうのは大変だけれど(僕がそうなので)、リヒテルはいつもそういう浅はかさとは無縁のところで音楽の喜びを教えてくれます。

    vacillator さん |30代

    0
  • 色々調べた結果、全曲版録音からの、寄せ集めでは無く...

    投稿日:2010/02/11

    色々調べた結果、全曲版録音からの、寄せ集めでは無く、歌、語り抜きの、組曲盤。トラック4.6.8は、この組曲の為に、1992年に、録り直したもの。 尚、全曲版録音は、1987年に録音されている。カラヤンの、新旧盤や、オーマンディ盤など聴いてきたが、さすがヤルヴィ.エーテボリ。冷たい肌触りの響きで、なるほど、これは北欧音楽なのだ...と、納得の1枚。安価な事 もあり、新定番の感有り。大推薦!!!!!!

    パパムーミン5145 さん

    0
  • ピアノはダイナミックかつ表情豊か、オケも雰囲気よく...

    投稿日:2010/01/27

    ピアノはダイナミックかつ表情豊か、オケも雰囲気よく、時にはピアノに寄り添い、時には壮大に歌い、最高の演奏である。

    パパゲーノ さん |40代

    1
  • 叙情小品集以外にもグリーグ作のピアノ曲を聴いてみよ...

    投稿日:2010/01/14

    叙情小品集以外にもグリーグ作のピアノ曲を聴いてみようと思い、買って聴いてみて吃驚です。特に、『ホルベアの時代より』の疾走感がたまらない。弦楽器版しか知りませんでしたが、私はこちらのピアノ独奏の方が好きです。さらりと流す、あまりくどさのない演奏です。値段に見合わぬこの内容。Arte Nova最高!お得でした。

    ゴンザ さん |20代

    1
  • 今までデジタル録音の最新版を聴いてきました。 過去...

    投稿日:2009/12/05

    今までデジタル録音の最新版を聴いてきました。 過去にこんな素晴らしい録音があったのか…。 美しい…これで十分すぎる。 なんで、再録音したんだろう…とさえ思ってしまうほど。 でも、新しい録音の方も嫌いではありません。

    masato さん |40代

    0
  • グリーグ没後100年の記念に1993年収録されたヴァイオ...

    投稿日:2009/11/14

    グリーグ没後100年の記念に1993年収録されたヴァイオリン・ソナタでグリーグと言えばあのピアノ協奏曲かペール・ギュントくらいしか思い浮かべない小生が偶然知人に借りて聴いたもので曲もそう底の深いものではありませんが素晴らしいが・・・結構グリーグの室内楽は民族舞曲風が混ざりそれも比較的抵抗感無く聴き易くある程度の厳しさも魅力的・・・・演奏も兎に角分り易く覇気のあるそして艶っぽく三曲とも聴きごたえのあるものでした。タイム的には各計第1番24’15・・・第2番21’42・・・第3番23’51(HMVレビューとの僅少違いは情報ソースによるものです)といずれも20数分ちょつとの曲で思えばデュメイ、ピリスの息ぴったりは当り前として見得の切り方、深い情感、憂いの表現そしてなし崩し的にコーダに持って行くあの呼吸は思わず各曲終わった後の聴衆の拍手が間近に聴こえるようです。同曲の他演奏との聴き比べはしておりませんが最高ランクにあげたい演奏です。

    一人のクラシックオールドファン さん |60代

    0
  • グリーグ没後100年の記念に1993年収録されたヴァイオ...

    投稿日:2009/11/14

    グリーグ没後100年の記念に1993年収録されたヴァイオリン・ソナタでグリーグと言えばあのピアノ協奏曲かペール・ギュントくらいしか思い浮かべない小生が偶然知人に借りて聴いたもので曲もそう底の深いものではありませんが素晴らしいが・・・結構グリーグの室内楽は民族舞曲風が混ざりそれも比較的抵抗感無く聴き易くある程度の厳しさも魅力的・・・・演奏も兎に角分り易く覇気のあるそして艶っぽく三曲とも聴きごたえのあるものでした。タイム的には各計第1番24’15・・・第2番21’42・・・第3番23’51(HMVレビューとの僅少違いは情報ソースによるものです)といずれも20数分ちょつとの曲で思えばデュメイ、ピリスの息ぴったりは当り前として見得の切り方、深い情感、憂いの表現そしてなし崩し的にコーダに持って行くあの呼吸は思わず各曲終わった後の聴衆の拍手が間近に聴こえるようです。同曲の他演奏との聴き比べはしておりませんが最高ランクにあげたい演奏です。

    一人のクラシックオールドファン さん |60代

    1
  • クナルダールにするかオピッツにするか、グリークの全...

    投稿日:2009/11/03

    クナルダールにするかオピッツにするか、グリークの全集は二者択一である。自分はクナダールを選んだ。北欧のグリークのイメージと正統派ドイツ音楽のオピッツとが、どうしても結びつかなかったからだ。クナルダールの演奏は北欧の風景と同化して、清涼感のあふれる演奏で、この選択は正解だったと感じさせてくれた。

    横濱の風 さん |50代

    1
  • こういった作品もあると知ったしだいです。デリケート...

    投稿日:2009/11/03

    こういった作品もあると知ったしだいです。デリケートでしかも現代の旋律で中程度の悲しさと幸せを奏でる。エアーが低く流れる様に重くせず歌うさまは、サウンド美といってよいのでしょうか聴覚器官に心地よい感じです。グリーグは幸せな時間が多かった人ではなかったでしょうか。ディスクはオケも録音も上出来で、変な話ですが出口がJBLでなくて今回は良かったとおもいました。

    レオブルー さん |50代

    1
  • SACDらしい高音質です(SACD 2chで鑑賞)。 レンジも...

    投稿日:2009/10/07

    SACDらしい高音質です(SACD 2chで鑑賞)。 レンジも広く、ピアノや金管の音が生々しいです。 この価格なら迷わず買いです。

    家電芸人 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%