CD 輸入盤

Lyric Pieces: Andsnes(P)

グリーグ(1843-1907)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
57296
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

グリーグ:≪抒情小曲集≫より レイフ・オヴェ・アンスネス
今や最も活動が注目されるピアニストのひとり,1970年ノルウェー生まれの俊英,アンスネスの珠玉の一枚。グリーグの名作であるこの小品集を彼は折々に録音していますが,当盤ではノルウェーのトロルハウゲンにあるグリーグ博物館(作曲家の旧邸)に所蔵されているグリーグ愛用のピアノ(1892年製スタインウェイ)を用いて演奏しています。ささやかながら愛らしい小品が集められたこの曲集にとって,まことにふさわしいコンセプトといえましょう。ライナーノーツで彼は,「豊潤な中音域と透明で鐘のような高音」を持つピアノであり,作品にとって理想的だとしています。全曲のうち24曲を収録。レコ芸特選,そして2002年グラモフォン賞・器楽曲部門を獲得しました。

収録曲   

  • 01. Lyric Pieces (8), Book 1, Op. 12: no 1, Arietta
  • 02. Lyric Pieces (8), Book 1, Op. 12: no 2, Waltz
  • 03. Lyric Pieces (8), Book 1, Op. 12: no 5, Folksong
  • 04. Lyric Pieces (8), Book 1, Op. 12: no 6, Norwegian Dance
  • 05. Lyric Pieces (8), Book 2, Op. 38: no 6, Elegy
  • 06. Lyric Pieces (8), Book 2, Op. 38: no 7, Waltz
  • 07. Lyric Pieces (8), Book 2, Op. 38: no 8, Canon
  • 08. Lyric Pieces (7), Book 4, Op. 47: no 3, Melody
  • 09. Lyric Pieces (7), Book 10, Op. 71: no 2, Summer Evening
  • 10. Lyric Pieces (6), Book 5, Op. 54: no 3, Troll's March
  • 11. Lyric Pieces (6), Book 5, Op. 54: no 4, Notturno
  • 12. Lyric Pieces (6), Book 6, Op. 57: no 2, Gade
  • 13. Lyric Pieces (6), Book 6, Op. 57: no 3, Illusion
  • 14. Lyric Pieces (6), Book 6, Op. 57: no 6, Homesickness
  • 15. Lyric Pieces (6), Book 7, Op. 62: no 1, Sylph
  • 16. Lyric Pieces (6), Book 7, Op. 62: no 4, Brooklet
  • 17. Lyric Pieces (6), Book 7, Op. 62: no 5, Phantom
  • 18. Lyric Pieces (6), Book 7, Op. 62: no 6, Homeward
  • 19. Lyric Pieces (6), Book 8, Op. 65: no 6, Wedding day at Trolhaugen
  • 20. Lyric Pieces (6), Book 9, Op. 68: no 3, At Your Feet
  • 21. Lyric Pieces (6), Book 9, Op. 68: no 4, Evening in the Mountain
  • 22. Lyric Pieces (6), Book 9, Op. 68: no 5, Cradle song
  • 23. Lyric Pieces (7), Book 10, Op. 71: no 6, Gone
  • 24. Lyric Pieces (7), Book 10, Op. 71: no 7, Remembrances

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アンスネスはトロールハウゲンのグリーグの...

投稿日:2021/03/23 (火)

アンスネスはトロールハウゲンのグリーグの部屋で、グリーグの使っていたスタンウェイで演奏しているとのこと。グリーグの部屋に響く音に「聴き耳」をたててしまいました。演奏も素晴らしいですが、企画としても素晴らしいですね。すごく繊細で美しい演奏だと思います。ギレリスの名盤もありますが、アンスネスも良いんじゃないですか。細やかな表現を活かすことを考えて選曲しているのではないでしょうか。静かな曲に味が出ているような気がしますし、賑やかな曲からも繊細さが伝わってきます。寒い国にショパンが居たらこんな曲を書いていたかもしれません。繰り返し繰り返し「聴き耳」をたてて聴いてみたいと思います。アンスネスのピアノ協奏曲も聴いてみようかと思ってます。

rela-cla88 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
Grieg (Edvard Grieg)のピアノ曲はアンスネ...

投稿日:2021/03/13 (土)

Grieg (Edvard Grieg)のピアノ曲はアンスネスのこちのCDとEmil Gilelsを聴いておりますが、どちらも演奏、音質とも素晴らしいものですが、表現が違うので後は好みの問題かと思います。 ノルウェーのピアニストのホーカン・アウストボがGriegのピアノ曲の全集(5CD)[BRL96048]を出しており、評判も良く廉価なので買いたいのですが現在、どこのサイトでも入手できないのでHMVさん再入荷ヨロシク!

Bugsy さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ラローチャが持ち前を発揮するのはスペイン...

投稿日:2007/03/07 (水)

ラローチャが持ち前を発揮するのはスペインのもの。他の追随を許さない。アンスネスにもその境地を期待できそうだ。ノルウェーといえば、北国の狭い今もって深い静かさをなくしてはいまい。 私は北の産。80歳をこす。深い深いしじまをきっちりと生活の歴史の中に刻み込んでいる。  だから、このPIANISTへの愛着はうすくない。  2007.3.7

老医 さん | 豊田 | 不明

1

グリーグ(1843-1907)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品