CD

グリーグ:『ペール・ギュント』組曲、シベリウス:フィンランディア、他 カラヤン&ベルリン・フィル(60〜70年代)

グリーグ(1843-1907)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG5238
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ドイツ・グラモフォン ザ・ベスト1200
グリーグ:『ペール・ギュント』組曲、シベリウス:フィンランディア、他
カラヤン&ベルリン・フィル


イプセンの劇への付随音楽『ペール・ギュント』からの組曲、祖国の自然に対する讃美と圧政に苦しむ国民の反抗が表現された愛国的名作『フィンランディア』、トゥオネラ河に浮かぶ美しい白鳥を描いた『トゥオネラの白鳥』。北欧の作曲家グリーグとシベリウスの管弦楽曲集です。
 独墺系の作品と並んで北欧音楽の指揮にも力を注いだカラヤンは、スケールの大きな緊迫感溢れる圧倒的な演奏を繰り広げ、聴く人を抒情と感動の世界に誘います。(ユニバーサル ミュージック)

【収録情報】
1. グリーグ:『ペール・ギュント』第1組曲 Op.46
2. グリーグ:『ペール・ギュント』第2組曲 Op.55
3. シベリウス:交響詩『フィンランディア』 Op.26
4. シベリウス:悲しきワルツ Op.44-1
5. シベリウス:トゥオネラの白鳥 Op.22-2

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1964年10月(3)、1965年9月(5)、1967年1月(4)、1971年9月(1,2)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(セッション)
 高精度ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

カラヤンによる北欧2大作曲家、グリーグとシベリウスの管弦楽曲集。細部にまで磨きがかけられたサウンドはもちろん、艶美さとダイナミズムが一体となった圧巻の演奏で感動の世界を作り上げている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

グリーグ(1843-1907)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品