LPレコード 輸入盤

『耳にしたことのないグリーグ』 アガミル&レザ・エ・イラガッツィ(男声アンサンブル)(2枚組アナログレコード)

グリーグ(1843-1907)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PSLP1346
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

合唱団ではない、むしろオペラ・バンド!
グリーグの新しい世界がLPでも登場


「森と湖の国」と呼ばれるくらい多くの湖をかかえ、その湖の数ほどの合唱団があるというフィンランドをはじめ、北欧の国々では活発な合唱活動が行われてきました。ノルウェーでも、プロフェッショナルとアマチュア、たくさんのグループが活動し、ノルウェー・ソリスト合唱団、オスロ大学のスコラ・カントールム、グレクス・ヴォーカリス、ベルゲン大聖堂合唱団は、コンサートと録音により国際的にも知られています。
 かつてノルウェーに「リ・スカポリ」(独身の男たち)というヴォーカル・グループがありました。このリ・スカポリのリーダーを務めたレザ・アガミル[1971-]はイラン生まれ。1987年にノルウェーに渡り、国立音楽アカデミーに学びました。プロのミュージシャンとなってからは、リ・スカポリやその他の合唱団の指揮者、ピアニストとして活動。ソウル、ジャズ、ヒップホップを交差させたアルバム『Hip Soul』でソロ・ヴォーカリストとしてデビューしました。レザ・エ・イラガッツィ(レザと若者たち)は、「色とりどり」の音楽を背景にもつ彼がノルウェーの優秀な男性歌手10数名を集めて作ったヴォーカル・グループです。
 アルバム『耳にしたことのないグリーグ』は、ノルウェー憲法制定200周年を記念して制作されました。「グリーグを愛する」レザと若者たちが選んだ13曲の歌曲、合唱曲、ピアノ曲。編曲の必要な曲は自分たちで編曲を行っています。彼らの聴かせるジャンルを超えた「これまでに耳にしたことのないグリーグ」。オスロ・フィヨルドに面して建てられた新しいノルウェー・オペラと、トロールハウゲンのグリーグ博物館リビングルームで録音が行われ、レザ・エ・イラガッツィのヨルゲン・トレーエが制作を担当しました。(キングインターナショナル)

【収録情報】
グリーグ:
● インガ・リタモール
● 君を愛す
● まぼろし
● 流れにそって
● 神の子は安らぎを与え給えり
● たどり着くところ
● 詩集の一節
● 寝過ごしてしまった
● この世のならわし
● 春*
● ルンダーネ
● ばらの季節に
● アリエッタ(トルーデ・ラーシェンに)

 レザ・エ・イラガッツィ
 ニーナ・グラヴローク(ソプラノ)*
 プリマドンネ*
 レザ・アガミル(指揮、ピアノ)

 録音時期:2014年
 録音場所:オスロ、ノルウェー・オペラ&トロールハウゲン、グリーグ博物館
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 2LP, 180g

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

グリーグ(1843-1907)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品