SACD

組曲『ゴイェスカス』、スペイン舞曲集より アブデル・ラーマン・エル=バシャ

グラナドス (1867-1916)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCT00141
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

哀愁と情熱のピアニズム。
新たな巨匠ピアニスト、エル=バシャが描くグラナドスの真髄!


現代の巨匠ピアニスト、アブデル・ラーマン・エル=バシャによる最新盤はグラナドスの傑作『ゴイェスカス』です。グラナドスのロマンティシズムと確固たるピアニズムが交錯し生まれた、スペイン音楽を代表する大作。エル=バシャの圧倒的な技術と均衡のとれた美しい音楽性が聴くものを虜にしてゆきます。哀愁と情熱の狭間で揺れ動く叙情豊かな旋律。正確無比なテクニックと極上の美しい音粒。
 エル=バシャの圧巻のピアニズムが凝縮された、渾身のアルバムです。ぜひお聴き下さい。(メーカー資料より)

【収録情報】
グラナドス:
● ピアノ組曲『ゴイェスカス」- 恋するマホたち -
● 『スペイン舞曲集』より(オリエンタル/ビリャネスカ/アンダルーサ)


 アブデル・ラーマン・エル=バシャ(ピアノ)

 録音時期:2017年5月8,9日
 録音場所:東京、五反田文化センター
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid

内容詳細

エル=バシャはレバノン出身。すでに前人未踏の偉業をいくつも成し遂げている“現代の伝説的ピアニスト”である。「ゴイェスカス」はテクニック以上にいかにグラナドス特有の“スペイン色”を出すかが問題になる難曲ながら、エル=バシャの演奏はその“異彩”が想像以上に輝き出して眩しい。画期的な一点である。★(弘)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

グラナドス (1867-1916)に関連するトピックス

  • ラローチャ・プレイズ・グラナドス(3CD) 20世紀スペインを代表する名ピアニスト、アリシア・デ・ラローチャがその晩年にRCAに録音したスペイン音楽の名演の中か... HMV&BOOKS online|2017年03月26日 (日) 00:50
    ラローチャ・プレイズ・グラナドス(3CD)

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品