グラウプナー(1683-1760)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

歌劇『アンティオクスとシュトラトニカ』全曲 オデット、スタッブス、ボストン古楽音楽祭管弦楽団、イムラー、ブラシコヴァ、他(2020 ステレオ)(3CD)

グラウプナー(1683-1760)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
555369
組み枚数
:
3
レーベル
:
Cpo
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

グラウプナー:歌劇『アンティオクスとシュトラトニカ』

世界中で高く評価されているボストン古楽音楽祭アンサンブル。「cpo」では特にフランスものを中心としたバロック・オペラの録音で親しまれていますが、今回彼らが手掛けたのはドイツ・バロック期の作曲家クリストフ・グラウプナーの歌劇です。この『アンティオクスとシュトラトニカ』は画家アングルが題材に用いたことでも知られる、デルフォイの最高神官プルタルコスの「英雄伝」からのエピソード。アレクサンドロス大王の後継者セレウクスの息子アンティオクス(アンティウコス)は、自身の継母シュトラトニカ(ストラトニケ)に恋して死を望むという史実に基づいていますが、物語りには魔法使いや精霊が登場するだけではなく、アンティオクスの義理の弟デメトリウスとペルシャの王女ミルテニアと妻エレニアの三角関係も描かれるなど、入リ組んだ筋立てになっており、最後はハッピーエンドで物語を閉じます。
 グラウプナーは弦と通奏低音に、3本のリコーダーや4本のオーボエを加えた色彩豊かな響きを準備し、この幻想的な作品に彩りを与えています。クリスティアン・イムラーやハナ・ブラシコヴァ、イム・スンヘら実力派の歌手たちが素晴らしい歌唱を聴かせます。(輸入元情報)

【収録情報】
● グラウプナー:歌劇『アンティオクスとシュトラトニカ』全曲


 アンティオクス…クリスティアン・イムラー(バリトン)
 シュトラトニカ…ハナ・ブラシコヴァ(ソプラノ)
 セレウクス…ハリー・ファン・デア・カンプ(バス)
 ミルテニア…イム・スンヘ(ソプラノ)
 エレニア…シェレザード・パンタキ(ソプラノ)
 デメトリウス…アーロン・シーハン(テノール)
 ヘシキウス&僧侶…ジェシー・ブランバーグ(バリトン)
 ネグロドルス…ヤン・コボウ(テノール)
 フラヴィア…カリーナ・ホグレフェ(ソプラノ)
 メドール…キム・カヴァナー(ソプラノ)

 カペラ・アンスガリ(合唱)
  マーニャ・シュテファン(ソプラノ)
  ベンヤミン・キルヒナー(テノール)
  ミーナ・ベールケ(アルト)
  アレクサンダー・シューマン(バス)

 ボストン古楽音楽祭管弦楽団
 ロバート・ミーリー(コンサートマスター)
 ポール・オデット&スティーヴン・スタッブス(音楽監督)

 録音時期:2020年1月23日〜2月2日
 録音場所:Sendesaal Bremen
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品