CD 輸入盤

【中古:盤質S】 オラトリオ『死と生』 ミシェル・プラッソン&トゥールーズ・キャピトール管弦楽団、オルフェオン・ドノスティアラ(2CD)

グノー(1818-1893)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
S
特記事項
:
なし
コメント
:
未開封/2CD
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
9029589514
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

グノー:オラトリオ『死と生』(2CD)
ミシェル・プラッソン&トゥールーズ・キャピトール管弦楽団


オラトリオ(聖劇)『死と生』は、1884年に作曲され、1885年8月26日にバーミンガム・フェスティバルで初演されました。第1部は、合唱とバリトン・ソロによって死の恐怖の予言が宣言され、レクィエムが開始されます。第2部は、厳しく恐ろしい合唱によって死者の復活が宣言され、最後の審判、死者の復活が奏されます。第3部は、新しい天と地について歌われ、明るい歓喜と喜びが奏されます。
 壮大な合唱と大管弦楽が必要とされ、ほとんど演奏されない珍しい作品ですが、プラッソンがフランス作曲家の貴重な作品として1992年に録音したものです。(輸入元情報)

【収録情報】
● グノー:オラトリオ『死と生』


 バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)
 ナディーヌ・ドゥニーズ(メゾ・ソプラノ)
 ジョン・エイラー(テノール)
 ヨセ・ヴァン・ダム(バリトン)
 クリストフ・クールマン(オルガン)
 オルフェオン・ドノスティアラ(合唱団)
 トゥールーズ・キャピトール管弦楽団
 ミシェル・プラッソン(指揮)

 録音時期:1992年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品