変動するラテンアメリカ社会 「失われた10年」を再考する

グスタボ・アンドラデ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784882024798
ISBN 10 : 4882024799
フォーマット
出版社
発行年月
1999年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,282p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うえ さん

    「歴史的に失業率がきわめて低く、むしろ国外から移民を大量に受け入れてきたアルゼンチンが、90年代半ばに至って何とラテンアメリカ主要諸国中最高の失業率を抱えることになった」「最近とみに犯罪の増加を伝える報道が増えている。その多くは物品、金銭の強奪を目的とした犯罪」「かなり信憑性の高い世論調査によると、最も深刻な問題とされているのは失業と治安で、97年の6月と12月に失業をあげた人の割合はそれぞれ、40・5%、35・4%ときわめて高く、また治安の方は2・9%から19・3%へと大幅に上昇している」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品