クープラン、フランソワ(1668-1733)
新商品あり

クープラン、フランソワ(1668-1733) レビュー一覧 7ページ目

クープラン、フランソワ(1668-1733) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

75件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ヒューイットのバッハは平板で感心しませんが、これは...

    投稿日:2006/04/15

    ヒューイットのバッハは平板で感心しませんが、これは素晴らしい。

    sako さん

    0
  • クープランのピアノ演奏を聴くのは初めて。先日に続いて当...

    投稿日:2006/02/12

    クープランのピアノ演奏を聴くのは初めて。先日に続いて当レヴューアーで尊敬申し上げるひのき饅頭様へ。スコアにあたったり、時代考証を念頭に置くのは、所謂専門家か評論家の所業なれど、相手(演奏家)が極めていればいる程こちらも心して掛からねば、と。ただし、シロウトなのでそこにはいい意味でのいい加減さ、甘さがあって然るべき、またそうありたいと。これはあくまでわたくしの個人的な見解であります。一応音大で音楽学を修めましたが、今は 下賎の生業に従事しております。さて、またいろいろ勉強させて下さい。

    いやみなぶらいあん さん

    1
  • 普段こういった曲は殆ど聴かないのです。フルトヴェン...

    投稿日:2006/01/03

    普段こういった曲は殆ど聴かないのです。フルトヴェングラ−やクレンペラ−など聴いているのですが、偶然にこのCDを購入して、本当に幸せな気分になりました。修道女モニク、神秘的なバリケード、こんな良い曲があるのですね。前者は現代版の楽譜を容易に入手できたのですが、後者が見つかりません。(原典の楽譜は出版されているのですが何がなんだかわかりません)どなたかご存じありませんか。

    AT さん

    0
  • 極めて正統的な解釈とは言えなくとも独特のルバート、...

    投稿日:2005/08/08

    極めて正統的な解釈とは言えなくとも独特のルバート、アーティキュレーションに依る幻想の極み。マルセル ブリヨンが幻想芸術の中で言う様に、18世紀が見かけの無頓着の中にいかに多くの幻想を孕んでいたかを実感させる説得力の有る演奏で、使用された楽器もまた素晴らしいし録音も魅力を余すところなく引き出していると思います。

    ペル猫の転生 さん

    0
  • クープランの「王宮のコンセール」は比較的知られた曲...

    投稿日:2005/03/19

    クープランの「王宮のコンセール」は比較的知られた曲ですが、今回のサヴァール盤は当時の雰囲気を上手く出している秀演だと思います。修道院での録音だったようですが、そのこともプラスに反映しているように感じました。

    KURO さん

    1
  • 同じレーベルのテレマン「ターフェルムージク」が大当...

    投稿日:2004/08/24

    同じレーベルのテレマン「ターフェルムージク」が大当りだったので期待したが、演奏がどうも…。他の評者が指摘する通り一本調子にきこえる。木管は頑張ってるが、弦・通奏低音が力量不足。しかし「仲良し奏者で集まったらこんな感じになりました」風の親密さがある演奏でもある。高値の駄演を買ってクープラン嫌いになる位なら、このお買い得セットで「クープランってのはこんな曲」と思ってもらうといい。

    Gilles さん |20代

    0
  • クイケン兄弟等によるSEONの全集から約30年ぶり...

    投稿日:2004/08/11

    クイケン兄弟等によるSEONの全集から約30年ぶりのクープラン室内楽曲全集。しかも、クイケンが後でACCENTに別に録音した「諸国の人々」・「ヴィオール組曲」や 「恋のナイチンゲール」も収録した完全版全集。演奏は、テンポは総じて速めで、フラットマン(木管楽器の指によるヴィブラート)はあまり使わず、アゴーギクは強調せず、あっさりとした演奏に仕上がっている。決して悪い演奏ではないが、全体を通してやや一本調子気味になっていることが惜しまれる。そして、30年前にあれだけの演奏をしていたクイケン兄弟等の天才ぶりを改

    住民投票 さん

    0
  • 気品と繊細さと優雅さにあふれる作品ばかり。演奏も美...

    投稿日:2004/06/19

    気品と繊細さと優雅さにあふれる作品ばかり。演奏も美しく惚れ惚れしてしまう。世俗の憂さを忘れるには、最高のセットのひとつ。

    豊後梅 さん

    0
  • とにかく趣味がいい。洗練されている。クープランがど...

    投稿日:2003/06/24

    とにかく趣味がいい。洗練されている。クープランがどうのこうのというより、これはヒューイットの世界だと思いました。バッハはお堅すぎるしちょっと素朴すぎる…でもバロック音楽の精密さは好き。もう少しエレガントでシックなバロックはないかしら?…みたいな女性的な発想がとても感じられる作品。フランス人やイギリス人好みでもあるかも。すばらしい一枚。

    いち さん

    0
  • ピアノでのクープランはめずらしく、歓迎したいところ...

    投稿日:2003/05/14

    ピアノでのクープランはめずらしく、歓迎したいところですが、素直すぎるというか、今ひとつインパクトに欠ける印象があります。曲はいいし、BGMとしては十分に楽しむことができるので、多くの人にとっては二重丸かもしれません。しかし、個人的にはグールド的斬新さも欲しいところです。誠実な演奏に定評のある、ヒューイットにそれを期待してはいけないのかもしれませんが・・・。

    cherokun さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%