クープラン、フランソワ(1668-1733)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

3つのルソン・ド・テネブレ、マニフィカト、モテット集 ルセ、ピオー、ジャンス、ほか

クープラン、フランソワ(1668-1733)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
466776
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

超贅沢!クープラン:ルソン・ド・テネブル
ジャンスとピオ、現在古楽界を代表する名ソプラノ2人の美声が聴ける、ルセならではの幅広い人材選出が生きた1枚です。冒頭「預言者エレミアの哀歌」を歌い上げるのは、クリスティらの信望篤いピオ。妥当な表現ではないかも知れませんが、"天国的"と言いたい美しさです。続く「シオンの娘は全ての栄光を失えり」(8〜)はジャンスのソロとなりますが、近年各方面で絶大な支持を受け、近代歌曲も好評な彼女の素晴らしさは言わずもがな。「敵はその手を下し」(13〜)以降は2人のデュエットが聴けるのですから、これほど贅沢なことはありません。過去に様々な名盤の存在する曲ではありますが、これほどまでに純粋に美しさを追求した盤は無かったのではないか、そんな風に思えるアルバムです。久しぶりに"鍵盤奏者"として伴奏したルセも、近年の指揮者としての活動を生かし、控えめながらも音楽全体を見通した演奏で、それぞれの独唱者と息の合った掛け合いを聴かせてくれます。

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Francois Couperin (1668 - 1733)
    Lecons de tenebres: Premier lecon
    演奏者 :
    Piau, Sandrine (Soprano), Rousset, Christophe (Organ), Balssa, Emmanuel (Bass Viola da gamba)
    指揮者 :

    楽団  :
    Les talens lyriques
    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Motet
    • 作曲/編集場所 : 1713-1717, Paris, France
    • 言語 : Latin
    • 時間 : 16:52
    • 録音場所 : 07/1997, St. Antoine Abbey, Isere, France [Studio]
  • Francois Couperin (1668 - 1733)
    Lecons de tenebres: Seconde lecon
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Baroque
    • 形式 : Motet
    • 作曲/編集場所 : 1713-1717, France
    • 言語 : Latin
    • 時間 : 12:10
    • 録音場所 : 07/1997, St. Antoine Abbey, Isere, France [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
やや速めのテンポかな?と思う。声楽の部分...

投稿日:2009/09/12 (土)

やや速めのテンポかな?と思う。声楽の部分、輪郭がはっきりとしており、ソフトタッチでボーっとした「ルソン・ド・テネブル」とは印象がやや違うかも知れない。しかし妙に現代的な解釈でもなく違和感なく音楽の至純な響きを堪能できる。今のところ、同曲のこれといった名盤を知らないので、このCDで充分ではないかと思う。この曲を未だ持っていない人におすすめできる。

春奈 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ルソン・ドゥ・テネブレのそっけないほどの...

投稿日:2000/04/10 (月)

ルソン・ドゥ・テネブレのそっけないほどの単純な美は、数多くの名盤を生んできましたが、今最も聴くべきアルバムはこれでしょう。ルソン〜の現在形がここにあるような気がします。

oginoy さん | 東京 | 不明

0

クープラン、フランソワ(1668-1733)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品