クレメンティ(1752-1832)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

【中古:盤質S】 ソナタ全集 マストロプリミアーノ(フォルテピアノ)(18CD)

クレメンティ(1752-1832)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
S
特記事項
:
未開封
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
BRL94379
レーベル
Holland
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

クレメンティ:ピアノ・ソナタ全集(18CD)
マストロプリミアーノ(フォルテピアノ)


クレメンティのピアノ・ソナタというと、1781年のクリスマス・イヴ、ウィーンでオーストリア皇帝ヨーゼフニ世とロシア大公夫妻の前でおこなわれたモーツァルトとの競演のエピソードが有名です。このときのことについて、4つ年下で負けん気の強かったモーツァルトは、ウィーンで仕事を得たばかりだったということもあり、しきりにクレメンティを酷評、一方、クレメンティは特に何も語らず、後年、回想した際に賛辞を呈するという対照的な反応を見せています。
 面白いのは、このとき耳にしたクレメンティのソナタ(Op.24-2)のメロディーを、10年後のモーツァルトが『魔笛』の主要主題にそのまま使ってしまっているということで、作品を象徴するメロディーが、実は他人由来のものという、なにやらモーツァルトのレクィエムとミヒャエル・ハイドン、あるいはジュピター交響曲とヨーゼフ・ハイドンのケースにも通じそうな展開が興味深いところです。

【ベートーヴェンも称えたクレメンティ】
『魔笛』を愛したベートーヴェンも、ピアノ曲に関してはモーツァルトよりもクレメンティの方がピアニスティックで素晴らしいと評価しており、また、クレメンティ自身、ピアノの改造や普及に尽力、ソナタのほかに教則作品も熱心に作曲したことで、近代ピアノ奏法の父と評されるほどの存在にもなっています。
 しかし、残念ながら録音にはそれほど恵まれず、まとまったものとしては、ピエトロ・スパーダによる18枚から成るシリーズのほか、マリア・ティーポによる10枚のシリーズがあったくらいだったので、新しい録音による全集の登場は歓迎されるところです。

【マストロプリミアーノ】
イタリアのフォルテピアノ奏者で音楽学者でもあるコスタンティーノ・マストロプリミアーノが、1790年頃のルートヴィヒ・ドゥルケン・モデルのレプリカなどを演奏。ピッチは430Hzで、時代様式を考慮し、相当にアグレッシヴな演奏内容となっています。
 問題の『魔笛』ソナタも収録されており、ピリオド様式の古典派アプローチならではの大胆な踏み込みにより、作品の真価が抉り出されるような面白さがあります。

【収録情報】
Disc1
クレメンティ:
・ソナタ WoO.13、Op.1

Disc2
・ソナタ Op.1a、WoO.14
・コレッリ:クレメンティの序奏による作品集

Disc3
・ソナタ Op.2-2、Op.2-4、Op.2-6
・21の変奏曲付きブラック・ジョーク WoO.2

Disc4
・ソナタ Op.7、Op.8
・音楽的性格描写Op.19より前奏曲第1番

Disc5
・ソナタ Op.9、Op.10
・音楽的性格描写 Op.19より前奏曲第2番

Disc6
・ソナタ Op.11(第1版)、Op.24、Op.41
・ロンド WoO.8

Disc7
・ソナタ Op.11(第2版)、Op.12-1、Op.12-2
・トッカータ Op.11

Disc8
・ソナタ Op.12-3、Op.12-4、Op.13-4、Op.13-5

Disc9
・ソナタ Op.13-6、Op.20、狩り Op.16、カプリッチョ Op.17

Disc10
・ソナタ Op.23、Op.25-1、Op.25-2

Disc11
・ソナタ Op.25-3〜Op.25-6、WoO.3

Disc12
・ソナタ Op.26、Op.33
・コリックの主題によるメヌエットと5つの変奏曲 WoO.5

Disc13
・ソナタ Op.34-1、Op.34-2、カプリッチョ Op.34-3

Disc14
・ソナタ Op.36、カプリッチョ Op.34-4

Disc15
・ソナタ Op.37

Disc16
・ソナタ Op.40

Disc17
・ソナタ Op.46
・12のモンフェリーナ Op.49

Disc18
・ソナタ Op.50

 コンスタンティーノ・マストロプリミアーノ(フォルテピアノ)

 録音時期:2006-2011年
 録音方式:ステレオ(デジタル)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ダヴァロスらの管弦楽曲集に微温浴的な室内...

投稿日:2012/10/23 (火)

ダヴァロスらの管弦楽曲集に微温浴的な室内楽集らがすでに出ていて、いよいよ本命のピアノソナタ全集の登場だ。オーセンティックにフォルテピアノで、初期のソナタだけを聴いた限りだが、テクニックには全く問題なく、ギャラントにガンガン弾きまくり小気味良い。後期までさほど音楽の質が変わってはいないので、たぶん最高。価格含め、ブリリアントの「良い仕事」として評価したい。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

3

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品