クレネク(クルシェネク、クシェネク)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲『パラス・アテネ』、ポプリ、7つの小品、他 カール=ハインツ・シュテフェンス&ラインラント=プファルツ州立フィル

クレネク(クルシェネク、クシェネク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C5379
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

クレネク:交響曲『パラス・アテネ』

オーストリア生まれの作曲家クレネク。ウィーン音楽アカデミーでシュレーカーに学び、一時期はマーラーの次女アンナと結婚(1年足らずで離婚)、その間に義母アルマよりマーラー:交響曲第10番の補筆依頼を受けるなど作曲家として将来を嘱望されていました。しかし、名前の表記からもわかる通りチェコの血を引いていたため、ナチス政権の迫害を受け第二次世界大戦中にアメリカに亡命。音楽教師として地位を築き、多くの後進を育てるとともに作品も発表し続け、91歳で天寿を全うしました。
 このアルバムには初期の作品で、ちょうどジャズの影響を受け始めた頃の『ポプリ』や、十二音を駆使するなど独自の作風を確立した時代の『パラス・アテネ』まで多彩な作品が収録されています。世界初録音となる『Tricks and trifles』も聴きものです。(輸入元情報)

【収録情報】
クレネク:
1. オーケストラのためのポプリ Op.54 (1927)
2. 7つのオーケストラのための小品集 Op.31 (1924)
3. 交響曲『パラス・アテネ』 Op.137 (1954)
4. トリックと些事 Op.101 (1945)


 ラインラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団
 カール=ハインツ・シュテフェンス(指揮)

 録音時期:2019年2月11-15日
 録音場所:ルートヴィヒスハーフェン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音(4)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

クレネク(クルシェネク、クシェネク)に関連するトピックス

  • クレネク:ピアノ協奏曲全集 第1集 ジャズから十二音まで多彩な作風を持つクレネクのピアノ協奏曲集は、バルトーク、プロコ、ショスタコなどにも匹敵する作品な... HMV&BOOKS online|2016年05月06日 (金) 14:30
    クレネク:ピアノ協奏曲全集 第1集

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品