届かなかった手紙

クレスマン・テイラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163199504
ISBN 10 : 4163199500
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
102p;18

内容詳細

ミュンヘンとサンフランシスコのあいだで交わされたわずか20通たらずの手紙が、20世紀最大の悲劇を克明かつ直截に描きだす。「もっとも効果的なナチズムへの起訴状」として欧米で大ベストセラー。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    読後唸った。ユダヤ系アメリカ人男性と、彼の仕事の共同経営者でドイツへ帰国した親友の往復書簡、というかたちで話は進む。そして、徐々に友情は破綻していく。取り返しのつかない事件を経ながら…。まっすぐに友情を貫こうとするアメリカ人(ヨーロッパの人間には耐えられないほどのまっすぐさだ、と前に友人のドイツ人が言ってたなあ)と、自国の政権に徐々に侵され、恐怖に満ちたドイツ人男性の言葉。これがドイツで1939年に大ベストセラーになっていたとは。そして、女性が書いたものだとは。ケーテ・コルヴィッツを想った。秀逸。

  • coco さん

    政治や宗教には思い入れが違って当たり前なのはわかる。その時その場所に生きていないとわからないことだってあるかもしれない。だけど・・・。帰国したマルティンが社会にどんどん飲み込まれていき、かつては固い絆で結ばれていた友人同士がこのようなことになってしまったのはとても悲しい。あれこれ言う前にまずは当時のことを知る必要が私にはあると思う。

  • Noriko さん

    タイトルにひかれて読みました。お互いの家族までを思い合う良き理解者同士。アメリカサンフランシスコ〜ドイツミュンヘン間で、ヒトラー政権下の頃に交わされた手紙形式です。ドイツ側の筆者がユダヤ人排除の考えに傾倒していく様子が描かれ、恐ろしくなりました。終盤でサンフランシスコからミュンヘンへ届く手紙の意味を知った時、、、上手く言葉が見つかりませんが、今年読んだ中で一番の衝撃作でした。

  • one_shot さん

    ひさびさに、再読。往復書簡形式で出来ることを全てやっていて、その全てが成功しているように思う。解説にもあるように、まだナチス台頭の初期にこれが書かれ(1938)かつ一般雑誌に掲載されたことも重要。どうしても当時のドイツと重ねてしまうアメリカ大統領選に吹き荒れるトランプタイフーン…暗鬱。

  • むさみか さん

    最初読んだときは これが 仕組まれた 「復讐」の物語だとは 到底 受け入れられなかったのですが・・・ 衝撃的な作品です

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品