新商品あり

クリスマス レビュー一覧 3ページ目

クリスマス | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

48件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 昔日の事であるが、所用で関東出張の折にアキバCD店の...

    投稿日:2011/12/01

    昔日の事であるが、所用で関東出張の折にアキバCD店の半額セールで遭遇。以来シーズン近くになると御出まし頂く当盤、キリスト教信者ならぬ小生でも思わず敬虔な気持ちにさせられるから、あら不思議!パロット氏率いるこの団体の優秀さは論を待たない。この頃のveritasは自然な音域バランスと豊かな響きで好感の持てるもの。第1集は残念ながら未入手につき現在捜索中。

    盤鬼hmv11 さん |60代

    1
  • クリスマス・ソングを集めたCDです。 単に私が知らな...

    投稿日:2011/02/22

    クリスマス・ソングを集めたCDです。 単に私が知らないだけかもしれませんが、聴いた事のある曲は数曲のみでした。 その中でも、トラック13はヘンデル作『見よ勇者は帰りぬ』(運動会の表彰式でお馴染みの特賞歌と言えば分かるでしょうか)が出てきて驚きました。 ほとんどが、オーケストラ伴奏の演奏で、格調高い仕上がりになっています。 録音は時期相応と言った所。 価格が安いので、マルチバイのお供にでも。

    レインボー さん |20代

    5
  • Disc1の1-19が”Sir Cristemas”、Disc1の20-26とDisc...

    投稿日:2011/02/17

    Disc1の1-19が”Sir Cristemas”、Disc1の20-26とDisc2の1-7が”Sing Nowell”、Disc2の8-21が”Carols of Today”と三つのアルバムが二枚にまとめられている。”Sir Cristemas”、”Sing Nowell”はクリスマスの定番(「清しこの夜」、「柊飾ろう」などなど。「おめでとうクリスマス」のアレンジがお茶目)とあまり知られていないもの(かのジェイムス・ジョイスがクリスマス曲の詞を書いてたって知ってました?「この子供を見よ」)が取り混ぜられている。対して”Carols of Today”はタイトル通り少し現代音楽的要素も入ったもの(HMVの宣伝文句通り、「美しく、しかも珍しい」)。名曲オンパレードで食傷気味になることもなく、かと言って知らない曲ばかりで気持ちが離れてしまうこともなく。ライナーに歌詞が掲載されているのも助かる。クリスマスの時期以外にも楽しめるし、ジャケットもかわいいし、言うことなし。(あ、でも、レコード三枚分を続けてがっつり聴くのは少しきついかも。一枚ずつ楽しみながら、がいいですよね。)

    Billy Moon さん |20代

    1
  • K.Richterの55年バッハ クリスマス オラトリオが...

    投稿日:2010/04/05

    K.Richterの55年バッハ クリスマス オラトリオが聴きたくて、BOXのデザインの印象では他の曲はあまり期待せず、安かったので購入した。まずChristmas Oratorioを演奏会の慣例に習い第3部ま聴いてみた。まとまったコーラスとオケの音が心身におそいかかる演奏を満喫した。音質も良い。このオラトリオだけでも十分安い買い物である。  次に、5枚目のモンテヴェルディChristmas Vespersを聴いた。初めて聴く音楽であるが、おごそかで、美しい演奏にあっという間に60分が過ぎた。さらに10枚目の、サンサーンス、フォーレも聴いた、美しく、気の安らぐ演奏である。全て音質も、演奏も優秀である。ここまで聴くとかなり疲れた。バッハの後半3部は近日中に聴こう。残りのクリスマス音楽はクリスマスシーズンの楽しみである。

    hiro さん

    2
  • このCDのおかげで、荘厳で神聖なクリスマスを過ごす事...

    投稿日:2010/01/06

    このCDのおかげで、荘厳で神聖なクリスマスを過ごす事が出来た。 ノートルダム寺院の残響と共に、真夜中の聖なる空気をそのまま運んできてくれたかのような美しい音は、時間と空間を超えてクリスマスの神髄へと導いてくれる。 ノートルダム寺院聖歌隊の奇跡のような歌声は勿論の事、あのガブリエル・マッソン金管合奏団の貴重な演奏を耳にする事が出来た喜び! そして巨匠ピエール・コシュロの驚くべき即興演奏! プロデューサーの一色このみ氏がそれらを見事に纏め上げ、音のみで無く写真集の様な美しいCDに仕上げている。 このCDはこれから10年後も、きっと人々を感動させ続けているだろう。

    Bartholomaeus さん |30代

    2
  • ドミンゴの歌声がたっぷり堪能できます。

    投稿日:2009/11/08

    ドミンゴの歌声がたっぷり堪能できます。

    ぷりのり さん

    0
  • 全体のほぼ3分の1は北欧の曲で占められているが,恐...

    投稿日:2008/12/25

    全体のほぼ3分の1は北欧の曲で占められているが,恐れることはなかった。初めて聴いたがクリスマスにふさわしい美しい作品ばかりであった。シベリウスやニールセンを除けば2のリリエフォルスと3のヌールドクヴィストなどに特に感銘を受けた。どれも北欧の静けさと透明感が遺憾なく発揮され,クリスマスの意味をかみしめることが出来る。北欧以外のものはいわばサービスで,有名な曲ばかり。22は「アルルの女」の第二組曲の「ファランドール」と同じ旋律。原曲であろうか。英語曲以外は英語の対訳もついているので意味が分かるのがありがたい。

    ムーミオン・パパ さん

    1
  • 国内盤で発売があったときは、「クリスマスの音楽」と...

    投稿日:2008/12/12

    国内盤で発売があったときは、「クリスマスの音楽」と「祈りの音楽」とを2枚組にしていた。今回の輸入盤再発にあたり、別の指揮者とのクリスマス音楽がカップリングしているが編曲のベースがドラゴンと違うので、14トラック以降は違和感があった。やはり、ドラゴン指揮・編曲で統一した方が良い。やたら、CDの録音レベルが高く感じられるのは気のせいか?

    K.K さん

    0
  • 夏のおしまい時に 思いついて聞いてみましたが 静か...

    投稿日:2008/09/21

    夏のおしまい時に 思いついて聞いてみましたが 静かで安穏なクリスマスに 跳んでいける一枚でした

    lovemozart さん

    0
  • 中世から現代まで、幅広くクリスマスの歌を集めたアン...

    投稿日:2008/08/20

    中世から現代まで、幅広くクリスマスの歌を集めたアンソロジー。演奏の水準の高さ、選曲の面白さで「キャロル集」の中でも群を抜いていると思う。指揮者のパロットはもうひとつ評価されていないが、こういう曲をやらせたら現在右に出る者がいないのではないか?このページを開いた人は、廃盤になる前に買っといた方がいいかも。

    AUSNAHME さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%