クリストフ・マルティン・ヴィーラント

人物・団体ページへ

アブデラの人びと

クリストフ・マルティン・ヴィーラント

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784384021950
ISBN 10 : 438402195X
フォーマット
出版社
発行年月
1993年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,396p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • WindyMinamy さん

    デモクリトスに対する不理解、驢馬の影を巡る訴訟、レートの蛙増殖問題に関する政治的紛糾など、アブデラ人のおめでたさを軽妙洒脱に語る作品。確かに皮肉がこの作品を通底しているとはいえ、愚かさに対しヒューマニズムの温かい視線を注ぐことを忘れていないのが、ヴィーラントの素敵なところです。「我々のうちなるアブデラ人」への意識を促しつつも、虚構と現実の「文学的混合」という考えに、すでに理解が深く及んでいたことも尊敬に値します。また、スターンやホメロスに対するオマージュが散りばめられている点も、この作品のツボかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品