クリストファー・E・チャルセン

人物・団体ページへ

CAFC判例研究 1

クリストファー・E・チャルセン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784900909229
ISBN 10 : 490090922X
フォーマット
発行年月
2002年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,421p

内容詳細

最新のアメリカ特許・商標訴訟の重要判例を日米の専門家が解析。

目次 : 裁判進行上の問題/ クレーム解釈に関する問題/ 特許の有効性/ ダブルパテント/ オン・セール・バーと特許権の有効性/ 販売の申し出および輸入行為と特許権侵害の関係/ 権利の限界・濫用/ 意匠の類似判断/ 不公正行為/ 損害賠償・訴訟費用の負担/ 職務発明とその特許の訴権/ インターフェアレンスと不服の申立て/ 特許権への担保権の設定とUSPTOへの登録/ トレード・ドレスと特許の関係/ 特許対象と数学的アルゴリスム/ 商標の識別力

【著者紹介】
クリストファー・E・チャルセン : ミルバンク・ツイード・ハドリー&マックロイ法律事務所(ニューヨーク)パートナー。ニューヨーク州弁護士。ボストン大学、ジョージ・ワシントン大学ロースクール卒業。専門は知的財産権訴訟

大塚康徳 : 大塚国際特許事務所筆頭パートナー。日本国弁理士。中央大学法学部、東京電機大学電子専門学校卒業。多数の国内外大手国際企業の代理を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

クリストファー・E・チャルセン

ミルバンク・ツイード・ハドリー&マックロイ法律事務所(ニューヨーク)パートナー。ニューヨーク州弁護士。ボストン大学、ジョージ・ワシントン大学ロースクール卒業。専門は知的財産権訴訟

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品