クリストファー・ライアン

人物・団体ページへ

文明が不幸をもたらす 病んだ社会の起源

クリストファー・ライアン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309228075
ISBN 10 : 4309228070
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;20

内容詳細

文明化による「進歩」は人類を幸福にするどころか、有史以前にはない暴力や病理に満ちた不健全な世界を生みだした。農耕と定住の開始から現代にいたるまでの社会の歪みを人類学・心理学・社会学・医学などの最新成果で分析し、未来に進むべき道を提示する異色の反文明論。

目次 : 第1部 オリジン・ストーリー(先史時代を語るときに私たちが話題にすること/ 文明とその不調和)/ 第2部 永遠の黙示録(現代の「不断の進歩の物語」)(野蛮な野蛮人の神話(平和への宣戦布告)/ 不合理な楽観主義者)/ 第3部 古代の鏡に映る自分(人間であること)(自然主義的誤謬の誤謬/ 野生児になるべく生まれた/ 子育ての深い闇/ 荒れ狂う十代/ 不安な大人)/ 第4部 未来につながる先史時代の道(終わり良ければすべて良し/ 聖なるものが失われたとき)

【著者紹介】
クリストファー・ライアン : サンフランシスコのセイブルック大学で心理学の博士号を取得。CNN、「ニューヨーク・タイムズ」紙、「タイム」誌、「ニューズウィーク」誌、「TEDトーク」などのメディアに登場。また、さまざまな分野の注目の人物と対談を行うポッドキャスト「Tangentially Speaking」を主宰している

鍛原多恵子 : 翻訳家。米国フロリダ州ニューカレッジ卒業(哲学・人類学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かなた さん

    新しい情報はなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品