クリストファー・バックリ

人物・団体ページへ

ニコチン・ウォーズ 創元推理文庫

クリストファー・バックリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488226022
ISBN 10 : 4488226027
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,477p

内容詳細

ニックことニコラス・ネイラーは、タバコ業界のロビイスト団体の主任スポークスマン。タバコを愛するすべての人々のため、論戦に明け暮れる毎日だ。そんなニックに次々と降りかかってくる無理難題、ひそかに進行する恐るべき陰謀。この絶体絶命のピンチを、ニックはどう切り抜けるのか?!深刻化するタバコ問題を、絶妙な風刺精神で、軽やかに笑い飛ばすタバコ・コメディ小説。

【著者紹介】
青木純子 : 1954年生まれ。早稲田大学大学院博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くさてる さん

    タバコ業界のロビイストを主役にしたブラックコメディ。ドタバタ劇とブラックジョークとミステリ風味がうまく混ざっていて、すいすいと読めた。詐欺師顔負けの口でピンチを切り抜ける主人公のトンデモなさ。でも、それが常識的に思えるほど、個性的な脇役陣と、さらにそれ以上にぶっ飛んでいる業界の描写が、すごく面白かった。狂騒的であるけれど、どこか一瞬、冷えた視線も存在している怖さがある。映画が良かった為、原作を読んだのだけど、この原作をとてもうまく映画化していたんだと思いました。

  • **くま** さん

    面白いともつまらないとも言いがたい・・・。 政治とエロが読みたい方にお薦め。 特にサラリーマンの方とか?

  • 儚俣 さん

    面白かったが、喫煙・嫌煙どちらの立場で書かれたかは明らか。嫌煙側をあえて落として喫煙側の内情を描き、嫌煙側の闇の部分に触れなかったことは公正ではない。まぁ、やってることは自分達への利益誘導でどっちもどっちではあるが…

  • 石田友 さん

    私は喫煙者です

  • naijel さん

    映画版がすげえ面白かったので。トゥーフェイスさん良い味だしすぎ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品