クリスチャン・ジャック

人物・団体ページへ

太陽の王ラムセス 1

クリスチャン・ジャック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784900845220
ISBN 10 : 4900845221
フォーマット
出版社
発行年月
1996年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
298p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちい さん

    実在の(知っていた)人物ということもあり今後の陰謀に巻き込まれていくことを考えると心が苦しくなったり...。場面がいろんな所に飛ぶので、読むのが大変だと感じる部分もありましたが、いろんな人の視点から、心情を読むことができるのは良いなと思いました。個人的にはネフェルタリ妃が好きなのでもっと新婚夫婦の話を読ませて貰いたいです、期待!

  • DERIA さん

    ストーリー運びが上手く情景が浮かんでくる。 2巻が楽しみ。

  • oyukichu さん

    王の次男ラムセスが兄や妹の陰謀に巻き込まれながらエジプト王としての役目を果たす話。兄のシュナルが蛇のようにジワジワと攻めよって来るのにドキドキしながら読み進めました。続きが気になる。王のセティや王妃が歴史を重んじ、あのようになってはいけない、などという教訓を深く理解しているところがすごいと思った。歴史は教訓。先人の失敗と成功は今でも通用する。

  • まるなお さん

    エジプト旅行に行く前に読破。 本で出ている建造物を実際に見ることができてまた感動。 機械も何もない時代にこれだけのものを作らせることができた王の力は本当に偉大だったんだんだと実感。

  • .mihoko. さん

    まるで古代エジプトへタイムスリップしたような気分になる、神秘的で惹き込まれる内容だった。エジプト好きにはたまらない一冊だと思う。それぞれの登場人物の個性がはっきりしており、特にセティ王の「ファラオの偉大さ」には私自身ひれ伏したくなるほどだった。この後ラムセスがどのように王の道を歩んでいくのか、続きが読みたくてたまらない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品