クラーク・ダールトン

人物・団体ページへ

還らぬト-ラ

クラーク・ダールトン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150102784
ISBN 10 : 4150102783
フォーマット
出版社
発行年月
1978年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
268p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 洪七公 さん

    既読本

  • アーチャー さん

    シリーズ当初からの重要なキャラクターだったトーラの死が描かれた重要な作品。まあ、その後ローダンは数回結婚していますが、永遠の命が保証されるっていうのも、いいことばかりじゃないって思わされますね。

  • ぁらすか さん

    「心配無用だ、ポトキン。ちょっとした遠足にすぎん」(ローダン)サー、そのノリは危険では?」

  • とうくぼやかや さん

    エラートが復活してドルーフとの騙し合い。トーラが不治の病にかかってアルコン摂政との騙し合い。トーラの退場は快方の兆しが見えただけに急展開でショックだわー。父子の溝を生む要因のひとつになるのかしらん。

  • ミド さん

    存在を忘れてしまう前にエラートが復活して良かった。トーラ享年132歳。100歳を越えてからトマスを産んでいたことに今更驚いた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品