クラーク・ダールトン

人物・団体ページへ

権力への鍵

クラーク・ダールトン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150103040
ISBN 10 : 4150103046
フォーマット
出版社
発行年月
1978年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
262p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鐵太郎 さん

    過去の多くの大帝国の崩壊と、そのあとの権力の真空地帯になだれ込んだ蛮族の群れ、そして文明の後退を何度もその目で見てきたアトラン。今行動しなければ人類は死滅するという危機を間近に見ているローダン。この対立の決着は、意外な形でつきます。衰退するアルコン帝国は、それでも帝国の名に恥じなかった、という。安全システム<セネカ>の発動とはいささか安直ですけど、これしかまとめようがなかったのでしょう、シェール的にね。

  • ミド さん

    皇帝なのに殿下……?そこにツッコむかアトランさん。

  • 洪七公 さん

    既読本

  • とうくぼやかや さん

    ツァリト人になりすましてのアルコン潜入作戦。まったくのテロリスト。アトラン視点で描かれると、やっぱりテラナーは考えなしの直情型だなー。しかも対アルコン摂政編はこんな結末?ツァリトの執政官になりすましたオセガとか、テラナーの作戦に巻き込まれて死んでいったツァリト人他とか、なんという無駄死に。アルコン爆弾小型量産化して簡単に使いすぎ。マイクロ核爆弾とか。放射能なめんなって感じ。1967年のSFだとまだこんな扱いかー。

  • hirabat さん

    一万年前の王子がふらっと現れて正当性を主張したら通っちゃう大帝国。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

その他 に関連する商品情報

  • 池井戸潤、待望の第2弾『下町ロケット2』 その部品があるから救われる命がある。佃製作所の新たな挑戦を描いたヒット作の第2弾、池井戸潤の『下町ロケット2』が入荷... |2016年01月04日 (月) 09:00
    池井戸潤、待望の第2弾『下町ロケット2』
  • 読書グッズなら文具ストア ブックカバー、しおりのほか、拡大鏡やページ戻りを防止するブックスストッパーなど、読書に便利なアイテムが満載。 |2015年12月01日 (火) 20:42
    読書グッズなら文具ストア
  • 新しいタイプの拡大鏡で読書が楽しくなる! 今売れているルーペ『LED拡大鏡Smolia』は全5色。本や新聞などの紙面の上を滑らせて使う拡大鏡。内部にライトを装... |2015年11月04日 (水) 17:11
    新しいタイプの拡大鏡で読書が楽しくなる!
  • 子どもが算数好きになるグッズ サイコロの数字を組み合わせる計算ゲーム『ジャマイカ』は、小学校の授業でも採用されている話題のアイテム。友達同士、親子... |2015年05月08日 (金) 21:39
    子どもが算数好きになるグッズ
  • ふとした瞬間に変装できる「しおり」 本に挟んで使う「しおり」が変装アイテムに!集合写真などで、サッとを取り出し、顔に当てて変装すれば、愉快な写真を撮影す... |2015年02月24日 (火) 16:43
    ふとした瞬間に変装できる「しおり」
  • 文具王が本気で作ったノート 「TVチャンピオン」で優勝した「文具王」高畑正幸がデザインした究極のノート『アクセスノートブック』。細かな工夫が随所... |2014年09月19日 (金) 14:31
    文具王が本気で作ったノート

おすすめの商品