CD

triology 【通常盤】

クラムボン

基本情報

カタログNo
:
COCP39059
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤

商品説明

結成20周年を迎えたクラムボン、アニバーサリーイヤーのリリースを締めくくるオリジナルアルバムが遂に完成!
2010年にリリースされた『2010』以来5年ぶりとなるオリジナルアルバム『triology』。今作は、新規に書き下ろされた充実の楽曲群に加え、既にライヴでも演奏され、菅野よう子氏とのコラボレーションでも話題の先行シングル「yet」、シングルとして発売されクラムボンのライヴ定番曲としてもお馴染みの「ある鼓動」「Rough & Laugh」「はなさくいろは」を収録。シングル楽曲は、全て今作用のアルバム・バージョンとして新規にアレンジ、レコーディングを行いました。記念すべきアルバム収録の1曲として、新しい表情を見せる楽曲群にもご注目ください。 また、新曲として「yet」とともにライヴでも演奏され、そのサウンドメイキングとパフォーマンスで、オーディエンスの度肝を抜いた話題曲「アジテーター」も収録。

【通常盤】
■ CD

内容詳細

進化を続けるポップ・トリオの9作目。カラフルかつヒネリの利いた世界観は相変わらずだが、より突っ込んだアレンジが増えた印象も。全員が一緒に演奏することで生まれる疾走感も秀逸で、軽やかでありながら耳に残るフレーズが多い。ミトが描く世界と3人の演奏が生み出す立体的なコントラストが聴きどころ。(伊)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
感情があふれ出してくる。 クラムボンのア...

投稿日:2015/03/29 (日)

感情があふれ出してくる。 クラムボンのアルバムでそれをここまで感じさせてくれたのは初めてかもしれない。 今までのクラムボンは空気感で世界を伝えることが多かったように思うが、今回は明快なメロディに耳に残る言葉が融合され、直感的に世界観を感じさせてくれる。 特に鳥肌が立つほどに素晴らしかったのが「yet」。 不穏なピアノの音色から始まり、広がっていく世界。 攻撃的なベースライン、力強いドラムとピアノの音色が前へ前へと引っ張りながら、郁子さんの歌声に乗る言葉が優しく後押ししてくれる。 これだけ明確な芯を見せながらも、複雑な展開で酔いしれさせてくれるあたりは流石のクラムボン。 またこの曲は、先行シングルとして聴いたときから素晴らしいと思っていたが、アルバムの中で「Scene 3」、「はなさくいろは」、「バタフライ」という流れの後で聴かせることで、楽曲が持つ潜在能力が開放されたように色を放つ点も魅力。 この3曲がそれぞれタイプが違い、聴き手の感情を揺さぶってきたところで「yet」を聴かされるわけだから、虜になるないはずがない。 もちろんこれらの楽曲だけでなく、アルバム全体にあらゆる感情が散りばめられていて、最後には不思議と心が満たされるような一枚。 クラムボンが新境地に本気で挑んだ傑作だ。

micarosu さん | 静岡県 | 不明

0

クラムボンに関連するトピックス

おすすめの商品