クライブ・カッスラー

人物・団体ページへ

大追跡 下 扶桑社ミステリー

クライブ・カッスラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594065973
ISBN 10 : 459406597X
フォーマット
出版社
発行年月
2012年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
302p 15cm(A6)

内容詳細

罠とは知らない“強盗処刑人”は女装してベルたちが待ち受ける銀行に乗り込んできた。ベルは変装を見破るが、銃撃戦となり、犯人はベルの脚を撃ち逃走する。しかしこのとき、ベルは“強盗処刑人”の正体を確信した。そして、殺人に取り憑かれた犯人は、また銀行を襲うにちがいない―。犯人はあらゆる知略をもちいて犯罪を企て逃亡を図り、ベルは最新のテクノロジーと不屈の闘志で追い詰める。20世紀初頭の西部を舞台に、息詰まる大追跡劇が始まる!冒険小説の大家が放つ、“アイザック・ベル”シリーズ第1弾。

【著者紹介】
クライブ・カッスラー : 1931年イリノイ州生れ。広告業界で働いたのち、1973年に『海中密輸ルートを探れ』で作家デビュー。以後、同書のダーク・ピットを主人公とした一連の作品で世界的ベストセラー作家となった。また、非営利組織NUMA(国立海中海洋機関)を設立して沈没した艦船の探索を行い、数多くの船や潜水艦を発見している

土屋晃 : 1959年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    途中まではそれなり面白くても大味さが勝っていまいちのめり込めない印象だった。それが自動車や機関車が活躍し、タイトル通りの大追跡劇が展開しだすとがぜん迫力が増して読ませる。またある大災害の描写も胸に迫るものがあり、著者の思い入れが乗ってくるとやはり引き込まれる。特に乗り物が生き生きしているのでカッスラー氏の愛を感じた。時代を超えてようやく事件が解決するエピローグも、なにか物哀しく余韻がある。結果的に楽しめたので折を見てシリーズ続刊を読んでみよう。

  • KAZOO さん

    クライブ・カッスラーの小説は比較的犯人が早めにわかって、それの捕り物追跡部分が結構緊迫感があって読ませる感じになっています。これも同じで「大破壊」と同じように結構社会的に認められた人物が犯人ということで、最後は列車ともども水没されて、ということで最初と最後の1950年のはなしにつながります。まだあといくつかあるようなので楽しみにしています。

  • マドロス さん

    この時代のアメリカがわからないので、空想の風景の中、機関車が疾走するところを思い浮かべる。映像にして、その迫力を堪能したい作品。

  • かんとり さん

    やはりいつものカッスラー節でした。  鉄路を逃げる蒸気機関車の追跡が蒸気機関車! レールは動かんのだから、姿を眩ますのは難しいだろうなあ…^^ 都合よく?大地震は起こるし、都市は壊滅したのにレールは生きている・・・ うーーむ 笑 まあこれがいつものカッスラー、理屈はどうでも娯楽ゴラクでお楽しみ。 笑

  • sken さん

    そんな小市民の屈託など全く気にしないストレートさがさすが御大です。最後はアメリカ大陸を縦断する機関車での大追跡と相成り、正義対悪という分かり易い展開になりますが、もはやそれくらいではびくともしませんってばさ。主人公絶体絶命の危機にも突然さしのべられる素敵な手といい、アメリカン娯楽小説の王道をばく進して参ります。本国ではこのシリーズであと4作品書かれているってことなので、翻訳を待ちたいと思います。……でも、この作品で50年後も主人公が生きているって分かっているので、主人公の危機の演出は大変かもなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

クライブ・カッスラー

テレビ業界から作家に転身、1973年に架空の組織NUMA(国立海中海洋機関)に所属する特殊任務官を主人公とする『海中密輸ルートを探れ』で作家デビュー。同主人公の活躍を描くダーク・ピット・シリーズのほか、幾多のシリーズを送り出し、作品は世界的ベストセラーとなっている。印税をもとに実際にNUMAを設立し

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品