クライブ・カッスラー

人物・団体ページへ

大破壊 下 扶桑社ミステリー

クライブ・カッスラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594071042
ISBN 10 : 459407104X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
343p;16

内容詳細

巨大な捜査網と権限を有する“ヴァン・ドーン探偵社”のアイザック・ベルが逮捕に動き出してからも、“壊し屋”の手が休むことはなかった。ベルも“壊し屋”に送りこまれた刺客によって痛手を負ってしまう。“壊し屋”の手は西部からニューヨークへ、そしてベルの恋人マリオンの身にも危険が迫る。巧妙な破壊工作に、ベルは西へ東へと駆けまわる。だがやがてベルは“壊し屋”がサザン・パシフィック鉄道を狙う真の意図を見抜き、その正体へ肉薄していく―。好評“アイザック・ベル”シリーズ第2弾。

【著者紹介】
クライブ・カッスラー : 1931年、アメリカ・イリノイ州生まれ。広告業界で働いたのち、1973年に『海中密輪ルートを探れ』で作家デビュー。1977年に“ダーク・ピット”シリーズの第一作『タイタニックを引き揚げろ』で世界的ベストセラー作家となった

土屋晃 : 1959年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    上巻では同僚など多くの犠牲を出したことから探偵社をやめるまで決意をした主人公が犯人を最後まで追い詰める姿勢を見せます。犯人は明示されて主人公との対決が中心となっていきます。なぜ鉄道会社を狙うのか、ということも明らかになります。最後は、まあ正義が勝つということなのですが、やっと最後になって最初の1934年のことが出ているのかがわかりました。犯人がこの作品のように本当に悪い奴出ればあるほど面白く感じました。前作の「大追跡」を読まねばと思いました。まだこれから書いてくれるのでしょうね。

  • マドロス さん

    それにしても、カッスラー作品の登場人物はタフ。主人公である探偵ベル以上に、犯人「壊し屋」の精神的、身体的タフさにはまいった。最後の最後まで息の抜けない展開。次回作にも期待。

  • Richard Thornburg さん

    感想:★★★★★  下巻に入ってから探偵側のターンに入ったと思ったけど、"壊し屋"の犯罪に対する計画性も卑劣さもあまりに巧妙で、探偵vs"壊し屋"はまさに死闘でした。  "壊し屋"の動機探りは少々緩慢な印象もありましたが、全体的なスピード感と緊張感は損なわれず、映画にしたら絶対に面白いと思います。  プロローグの話はどこで絡んでくるのかと思えば、エピローグでしっかりと絡んでました。  前作の大追跡もよかったのですが、今回のように政界の大物が犯罪の黒幕ではなく実行犯というのは面白いアプローチだと思います。

  • 勝部守 さん

    脚色なしに、このまま、映画に出来そうなスピード感とアクション

  • コブタ さん

    久々の大活劇。堪能しましたq

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

クライブ・カッスラー

テレビ業界から作家に転身、1973年に架空の組織NUMA(国立海中海洋機関)に所属する特殊任務官ダーク・ピット・シリーズ第1作『海中密輸ルートを探れ』で作家デビュー。以後、同シリーズをはじめ、作品は世界的ベストセラーとなっている。印税をもとに実際にNUMAを設立し、多くの沈没船や行方不明船を発見して

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品