ギ・ド・モーパッサン

人物・団体ページへ

モーパッサン傑作選

ギ・ド・モーパッサン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784894564824
ISBN 10 : 4894564823
フォーマット
出版社
発行年月
1998年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
286p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こばまり さん

    再読もあったが、読めば読むほどに好きダナァと思う。人間観察の一言に尽きる。それにしてもなんと凝縮された作家人生であったことか。「脂肪の塊」然り、やはり彼はフェミニストだ。

  • i-miya さん

    2010.07.15 (訳・太田浩一)◎『剥製の手』。8ヶ月前のある晩。ルイ・Rの家。おさななじみの男。ノルマンディーのRから来たんだ。ポケットから剥製の手を取り出す。老魔術師の遺品。売りに出る。1736に死刑になった有名な犯罪者。呼び鈴の把手にするんだ。ヘイリー・スミス。ポンチ酒。医学生。ピエール。翌日。君が悪いからはずしてくれ、と大家。トラピスト会修道士。夜、旦那様がだれかに殺された。法学部学生。ブヴァン氏休ませる。ブルドー行く。

  • かめたろう さん

    様々な作風のものが収録されていますが、やはり「剥製の手」など怪奇幻想風味の作品が一番好みです。男性中心社会を女性の視点から批判的に描いている作品群も読み応えがありました(訳者によると19世紀にこのようなスタンスの作家は数少なかったとのこと)。そして「雨傘」など、まるで落語みたいな話もあり、楽しく読めました。

  • Hugo Grove さん

    モーパッサンの短編集。怪奇趣味っぽかったり、斜に構えた恋愛ものだったり。どれもどこか不思議な世界感を持つ秀作揃いでした。特に「あだ花」という作品のなかで語られる、神は汚らしく生殖を行ない、それがすむと死んでいくものとして、人間を作った。本来人も他の動物と同じように自然の洞窟や木の上で眠り、野の草花や木の実を食べ、狩りをして獲物を得るように作られた。しかしどういうわけが知性というものを得てしまった。脳の神経の偶発的な作用だ。人という存在をこのようにとらえているのがとても興味深く、私には納得いくものだった

  • Mana さん

    読んだことのない話が多くて嬉しかった。ただ、いろんな短編集に載ってる定番の話の方が面白かったかな。全体的に中の上くらいだった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ギ・ド・モーパッサン

1850年〜1893年。フランスの作家、劇作家、詩人。長編小説『女の一生』などの他、数多くの短編小説がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品