ギロヴェッツ、アダルベルト(1763-1850)

人物・団体ページへ

CD

3つの弦楽四重奏曲 作品42 クァルテット・オチェーアノ

ギロヴェッツ、アダルベルト(1763-1850)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KCD2093
組み枚数
:
1
レーベル
:
Omf
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


ハイドンともベートーヴェンとも異なる、忘れられたウィーンの天才ギロヴェッツ

ガット弦やオリジナル楽器による演奏スタイルを特徴とするクァルテット・オチェーアノ。第一作目のアルバムはハイドンから受け継ぎ、シューベルトに繋がっていく、忘れられたウィーンの天才作曲家アダルベルト・ギロヴェッツ後期の傑作『弦楽四重奏曲作品42』。
 ハイドン、 モーツァルト、ベートーヴェンの3人と同時期に活動したギロヴェッツは、チェスケー・ブジェヨヴィツェの聖堂合唱隊の指導者を父に持ち、プラハ・ウィーン・ローマ・ロンドンやパリ・ ドイツの諸都市で活躍し、ウィーン宮廷劇場楽長にまで登りつめました。オペラ・ブッファを想起させる多彩な舞台の転換、予期しない転調の連続、突然の休止など世紀変わり目の室内楽の創作を巡る状況や様式的特徴を濃厚に持ち、19世紀初めのヨーロッパの多様性を活き活きと伝える傑作が21世紀に蘇ります。世界初録音。(販売元情報)

【収録情報】
ギロヴェッツ:3つの弦楽四重奏曲 Op.42


● 弦楽四重奏曲第3番ハ短調 Op.42-3
● 弦楽四重奏曲第2番ヘ長調 Op.42-2
● 弦楽四重奏曲第1番ニ長調 Op.42-1

 クァルテット・オチェーアノ(ガット弦による)
  廣海史帆(ヴァイオリン)
  大鹿由希(ヴァイオリン)
  伴野 剛(ヴィオラ)
  懸田貴嗣(チェロ)

 録音時期:2021年9月9-11日
 録音場所:神奈川県立相模湖交流センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 世界初録音

 仕様:ジュエルケース仕様 曲目解説付き
 カバーアート:松尾采奈

【クァルテット・オチェーアノ】
バロック時代から近現代まで幅広い時代の作品をレパートリーとする弦楽四重奏団。作品が作曲された当時の音色や世界観を再現、追体験することを試みるために、古典派の作品はもちろんのこと、ロマン派以降の弦楽四重奏作品もガット弦で演奏することを目指している。これまでハイドン、モーツァルト、シューマン、メンデルスゾーン、グリンカ、ドヴォルザークの作品を取り上げているが、H.ジャダン、A.ギロヴェッツなど知られざる作曲家の作品をプログラムに加えることにも積極的である。メンバーは、バッハ・コレギウム・ジャパン、横浜シンフォニエッタのメンバーとしての公演、またその他多くの演奏会で共に演奏しており、中でもオリジナル楽器による演奏に興味を持って取り組んでいる。2015年8月に結成し、果てしない大洋のように、時に激しく時におだやかに、音を通して大いなるものとつながっていけるようなアンサンブルをとの想いを込めて「Quartetto Oceano(クァルテット・オチェーアノ」と命名した。(販売元情報)

内容詳細

ギロヴェッツはウィーン古典派時代の作曲家。弦楽四重奏曲作品42は後期の傑作で、19世紀初めのヨーロッパの多様性が活写されている。オチェーアノはピリオド奏法を旨とし、作品を生き生きと蘇らせている。世界初録音。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
モーツァルト、ハイドンと同時代の知られざ...

投稿日:2022/02/07 (月)

モーツァルト、ハイドンと同時代の知られざる作曲家ギロヴェッツ。どんな作品かと思いきや、二人の巨匠ともベートーヴェンとも全く違う魅力に驚き!こんな天才が古典派にいたなんて!どうして歴史に埋もれてしまったのか、不思議でならない。美しい旋律とドラマティックな展開、親しみやすい音楽で少しも退屈するところのない名曲と言ってもいいので?これからはギロヴェッツのような歴史に埋もれた優れた作曲家が沢山紹介されることを期待しています。

ジョヴァンニ さん | 東京都 | 不明

2

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト