ギュンター・グラス

人物・団体ページへ

私の一世紀

ギュンター・グラス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784657013088
ISBN 10 : 4657013084
フォーマット
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,598p

内容詳細

1900年から1999年の各年を1話完結のショートストーリーで描く。新聞記者、兵士、主婦などが歴史のうねりをオーバーラップさせる。

【著者紹介】
林睦実 : 1934年、大阪に生まれる。大阪大学独文科卒、早稲田大学文学部教授(ドイツ近現代文学専攻)、ライプツィヒ大学哲学博士

岩淵達治 : 1927年、東京に生まれる。東京大学独文科卒、ミュンヒェン大学哲学名誉博士、学習院大学名誉教授、演出家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ギュンター・グラス

現代ドイツ最大の作家。1927年、港町ダンツィヒに生まれる。第二次大戦中、最年少兵士として召集され、戦闘に参加して負傷、米軍の捕虜となる。この体験が後に作家としての核となる。『ブリキの太鼓』『猫と鼠』『犬の年』の“ダンツィヒ三部作”で地位を確立。その後も『鈴蛙の呼び声』『蟹の横歩き』など問題作を次々

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品