ギュスターヴ・フローベール

人物・団体ページへ

ボヴァリー夫人

ギュスターヴ・フローベール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048734622
ISBN 10 : 4048734628
フォーマット
出版社
発行年月
2003年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

184X年、フランス。欲望に流され続ける人妻エマ。彼女が本当に手に入れたかったものは…。現代作家と画家のコラボレーションにより、世界の名作がちょっと大人な絵本になって登場。

【著者紹介】
姫野カオルコ : 1958年、滋賀県出身。90年『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。何通りもの文体で幅広い作風ながら、常に独特の視点が熱狂的読者をうむ

木村タカヒロ : 1965年、東京都出身。セツ・モードセミナー研究科卒業。90年、第7回イラストレーション誌「ザ・チョイス」年度賞大賞受賞。コラージュ作家、顔面画家として、独自の展開で作品発表を続ける他、雑誌や書籍、広告などのイラストレーションを数多く手掛ける。また、近年はWEB上にてコラージュによるアニメーションを発表し、ワールドワイドな展開を見せている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 空の落下地点。 さん

    「永遠の少女と永遠の少年の物語」...エマは少女病なんだなぁと思った。少女は危ない雰囲気の大人を求めるけど、少年はヒーローになることしか考えてないから。でも、現実のヒーローってのはシャルルのように人助けだけを使命とするもので、全くもって刺激的ではない。悲劇だった。「敏感が鈍感に許される」ことは自分自身を否定することだったんだな。神には許されたいけれど、シャルルには許されたくない...マゾチックな恋人を神聖視したい願望。本当の恋をする権利は誰にでも保証されるものであってほしい。チャンスが平等でないとしても。

  • スリカータ さん

    ボヴァリー夫人を読んだことがなかったので、今回初めてストーリーを知った。姫野カオルコさんは巧いですね。高村光太郎や千昌夫のフレーズまで引用するとは。短いセンテンスに煌く言葉。木村タカヒロさんは初めて存じ上げた方だったが、コラージュも良かった。表情にドキッとするようなリアルさがある。他の作品も拝見したい。シャルルは最後までエマを愛していたのですね。純粋と愚鈍は背中合わせ。疑わなかったのかな。切ないね。

  • グーグー さん

    映画「ボヴァリー夫人とパン屋」を鑑賞する前に、この大人の絵本でちょっと勉強。姫野カオルコさんが、19世紀半ばのフランスの田舎・地方都市生活を、挑戦的に、歯切れよく語る。木村タカヒロさんの絵・コラージュは、どろどろとしたこの作品世界に合っている。

  • あゆぷ さん

    「男のエロ本に出てくる女」「ハーレクインロマンスに出てくる男」確かによく似たもの同士なのだろう。夜中に一気に読んだけれど、絶妙な翻訳に唸りっぱなしで、元の本を読んでみたくなる。訳者の姫野カオルコ氏に俄然興味を抱く。ちなみに古本屋でボスが見つけてきてお勧め頂いた。

  • 芭茶 さん

    86

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ギュスターヴ・フローベール

1821‐1880。フランスの小説家。ルーアンで外科医の息子として生まれる。大学でははじめ法律を学ぶが性に合わず、創作活動に向かう。1857年、4年半をかけて書き上げた処女作『ボヴァリー夫人』が、訴訟事件が起きたという宣伝効果もあってか大ベストセラーになり、作家としての地位を確立した。1880年、自

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品