メドレヴィング 地底からの小さな訪問者

キルステン・ボイエ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784384040777
ISBN 10 : 4384040776
フォーマット
出版社
発行年月
2006年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,623p

内容詳細

こびとの国メドレヴィングに住むニースは、妖精モアと人間の少年ヨハネスの力を借りて、父の行方と銀の留め具の謎を解いていく…。ドイツを代表する児童文学者による冒険ファンタジーの傑作。

【著者紹介】
キルステン・ボイエ : 1950年、ドイツのハンブルクに生まれる。大学で文学を学んだあと、ギムナジウム(日本の中学校・高等学校に担当)などで教員として働く。1985年に作家としてデビュー。以後、60冊を越える子どもの本を出版。2004年、国際アンデルセン賞にノミネートされる。ハンブルク在住

長谷川弘子 : 1958年、東京生まれ。杏林大学外国語学部助教授。専門分野は18世紀のドイツ児童文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ocean さん

    小人や魔法(超能力?)の出て来るファンタジーですが、物語全体の印象は少年探偵団ものの冒険ミステリー、読んでいてリンドグレーンやケストナーの物語をふと想起します。とても賑やかでユーモラス、楽しい物語です。

  • gunsoo さん

    ファンタジー要素はただの根幹でそこからさらに物語が発展しているといった印象でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

キルステン・ボイエ

1950年、ドイツのハンブルクに生まれる。大学で文学を学んだあと、ギムナジウム(日本の中学校・高等学校に担当)などで教員として働く。1985年に作家としてデビュー。以後、60冊を越える子どもの本を出版。2004年、国際アンデルセン賞にノミネートされる。ハンブルク在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品