キャロライン・ケトルウェル

人物・団体ページへ

スキンゲーム

キャロライン・ケトルウェル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784899980254
ISBN 10 : 4899980256
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
254p;20

内容詳細

不安を抱えた12歳の冬、私はカミソリの刃を肌にあてた。20年以上自傷行為を続けてきた著者が自傷を克服するまでの、真実の記録。

【著者紹介】
キャロライン・ケトルウェル : 1962年生まれ。12歳のころから自傷をくり返すようになる。ウィリアム・カレッジ卒業後、ジョージ・メイソン大学の大学院で文学を学ぶ。30代でついに自傷を克服し、現在、夫と息子とともにヴァージニアに暮らす

佐竹史子 : 1966年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • amaneshino さん

    剃刀を肌に沿わして流れ落ちた赤い血がまじりけのないものだなんて思わない。不安、抑圧、節制。身のうちから溢れたそれらは、きっとかさぶたの成分だ。そうでなければ、綺麗なピンク色が薄汚い焦げ茶色に変わらないもの。息せき切って駆け込んだ電車の中のように、止めようもなく垂れ流し続けるしかなくて。だから、自分の中から『永遠に追い払えるだろうと確信しながら』捌け口をぷっつり開けてみる。かさぶたが出来れば、途切れないように剥がしきる。これで、だいじょうぶ。何て安易で安っぽい、甘い手。痛くないよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

キャロライン・ケトルウェル

1962年生まれ。12歳のころから自傷をくり返すようになる。ウィリアム・カレッジ卒業後、ジョージ・メイソン大学の大学院で文学を学ぶ。30代でついに自傷を克服し、現在、夫と息子とともにヴァージニアに暮らす

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品